【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(5)

全国裏探訪取材班は、かつては“小樽のフォード”と呼ばれた巨大企業「北海製罐」の「北海製罐小樽工場第3 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(4)

全国裏探訪取材班は、小林多喜二「工場細胞」を読み掻い摘みながら「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見に来て 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(3)

全国裏探訪取材班は、「蟹工船」の作者でもあり、日本のプロレタリア文学の代表作家「小林多喜二」。その中 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(1)

全国裏探訪取材班は、小樽にやってきましたよ。小樽と言えばかつて鰊漁で栄えた。小樽港に運河が作られ石造 続きを読む・・

【炭鉱の】交通の要衝だった。空知地方、岩見沢市の「三条遊郭」跡の三条小路とその界隈【遊郭】(4)

全国裏探訪取材班は、北海道空知地方の岩見沢市にあった「三条遊郭」跡に来ている。そのかつて遊郭だった場 続きを読む・・

【炭鉱の】交通の要衝だった。空知地方、岩見沢市の「三条遊郭」跡の三条小路とその界隈【遊郭】(3)

全国裏探訪取材班は、岩見沢市に存在したという「三条遊郭」跡を見に来ている。取材班の現在の地点は住所で 続きを読む・・

【炭鉱の】交通の要衝だった。空知地方、岩見沢市の「三条遊郭」跡の三条小路とその界隈【遊郭】(2)

全国裏探訪取材班は、炭鉱と鉄道の町「岩見沢市」に来ている。かつてはばんえい競馬場もあったり・・そんな 続きを読む・・

【炭鉱の】交通の要衝だった。空知地方、岩見沢市の「三条遊郭」跡の三条小路とその界隈【遊郭】(1)

全国裏探訪取材班は、北海道空知地方・石狩平野にある重要都市「岩見沢市」にやってきた。この岩見沢市は、 続きを読む・・

【風前の灯】旭川の現役赤線DEEPゾーン「稲荷小路」スナック街。怪しい裏酒房もあるよ。【でもない】(3)

全国裏探訪取材班は、旭川の“現役の”赤線地帯と思しき「稲荷小路」の夜の様子の調査に入った。そこで分か 続きを読む・・

【風前の灯】旭川の現役赤線DEEPゾーン「稲荷小路」スナック街。怪しい裏酒房もあるよ。【でもない】(2)

全国裏探訪取材班は、旭川の現役の赤線ゾーン「稲荷小路」に来ている。日が昇っている時間帯から取材してい 続きを読む・・

【風前の灯】旭川の現役赤線DEEPゾーン「稲荷小路」スナック街。怪しい裏酒房もあるよ。【でもない】(1)

全国裏探訪取材班は、北海道は旭川に来ている。旭川と言えば何を想像するだろうか。旭川ラーメン?旭山動物 続きを読む・・

【要注意!】北海道最大の歓楽街「すすきの」のぼったくり・客引きの実態と手口を実地調査する!【2020年保存版】(4)

全国裏探訪取材班は、前回「すすきの」の繁華街で男性客が目的の人気店に入店する寸前に客引きに騙され、別 続きを読む・・

【要注意!】北海道最大の歓楽街「すすきの」のぼったくり・客引きの実態と手口を実地調査する!【2020年保存版】(3)

全国裏探訪取材班は、「すすきの」に遊びに来る客を狙った客引き行為の実態を実地調査しに来ている。客引き 続きを読む・・

【要注意!】北海道最大の歓楽街「すすきの」のぼったくり・客引きの実態と手口を実地調査する!【2020年保存版】(2)

全国裏探訪取材班は、北海道札幌の大歓楽街「すすきの」に蔓延る「ぼったくり」「客引き」の実態をレポせん 続きを読む・・

【要注意!】北海道最大の歓楽街「すすきの」のぼったくり・客引きの実態と手口を実地調査する!【2020年保存版】(1)

全国裏探訪取材班は、北海道の中心地札幌に来た。札幌と言えば・・一番に思い浮かぶのは大歓楽街「すすきの 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(8)

全国裏探訪取材班は、龍飛岬の空気を吸い再び海面下へと潜る。  ​「青函トンネル記念館駅」からもぐら号 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(7)

  全国裏探訪取材班は前回、青函トンネルの建設に新たに導入された技術などを体験コーナーの写真を交え紹 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(6)

  全国裏探訪取材班は、引き続き「竜飛海底駅」にて取材を続けている。 前回までは他の海底トンネルとの 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(5)

全国裏探訪取材班は、今回は世界にある他の海底トンネルと比較していく。 青函トンネル開通時は世界一の交 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(4)

全国裏探訪取材班は、前回避難場所など見て来た。 今回は青函トンネルの歴史などを解説していきたいと思う 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(3)

全国裏探訪取材班は青函トンネル内にある世界初の海底駅「竜飛海底駅」に来ている。 この海底トンネルの竜 続きを読む・・

【世界一長い】世界初!青函トンネル、海面下140mの「竜飛海底駅」に降り立つ。【海底トンネル】(2)

全国裏探訪取材班は、青函トンネル「竜飛海底駅」に降り立った。特殊な駅ということで一般人は利用すること 続きを読む・・