【豊臣秀頼】大坂の陣から生き延びた「豊臣秀頼」の墓を訪ねる。【生存説】(4)

全国裏探訪取材班は、鹿児島市谷山地区にある「伝・豊臣秀頼の墓」に来ている。この墓は現実に存在するもの 続きを読む・・

【豊臣秀頼】大坂の陣から生き延びた「豊臣秀頼」の墓を訪ねる。【生存説】(3)

全国裏探訪取材班は、鹿児島の副都心谷山に来ている。まぁ副都心と言えば聞こえはいいが、ただ市電の終点と 続きを読む・・

【豊臣秀頼】大坂の陣から生き延びた「豊臣秀頼」の墓を訪ねる。【生存説】(2)

全国裏探訪取材班は、今回歴史の裏話をしていこうかと思っている。今回は豊臣秀頼の生存説。そう、豊臣秀頼 続きを読む・・

【豊臣秀頼】大坂の陣から生き延びた「豊臣秀頼」の墓を訪ねる。【生存説】(1)

全国裏探訪取材班は、ところで唐突にご質問なんですが、世間には“常識”と言うものがありますよね。例えば 続きを読む・・

【本土最南端の】指宿ソープランド「秘宴」とズタボロ温泉街【ソープ!!】(3)

全国裏探訪取材班は、本土最南端のソープがあるとのタレコミを頂戴したのでさっそく鹿児島市内から指宿枕崎 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(5)

全国裏探訪取材班は、かつては“小樽のフォード”と呼ばれた巨大企業「北海製罐」の「北海製罐小樽工場第3 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(4)

全国裏探訪取材班は、小林多喜二「工場細胞」を読み掻い摘みながら「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見に来て 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(3)

全国裏探訪取材班は、「蟹工船」の作者でもあり、日本のプロレタリア文学の代表作家「小林多喜二」。その中 続きを読む・・

【小樽の】「蟹工船」作者「小林多喜二」の名作「工場細胞」のモデル“H・S工場”こと「北海製罐小樽工場第3倉庫」を見物する。【裏工場】(2)

全国裏探訪取材班は、観光都市小樽に来ている。ここは北海道旅行には欠かせない観光地になっているらしいが 続きを読む・・