【ポツンと】船橋海神新地はいまだ現役!ソ-プ「みね」もあるよ!【一軒家ソ‐プ】(2)

全国裏探訪取材班は、千葉県船橋市にやってきた。この船橋市にはかつて「船橋海神新地」という遊郭があった 続きを読む・・

【ポツンと】船橋海神新地はいまだ現役!ソ-プ「みね」もあるよ!【一軒家ソ‐プ】(1)

全国裏探訪取材班は、千葉県船橋市にやってきた。船橋って最近だと都心へのアクセスから人気の場所でマンシ 続きを読む・・

【肉まん】佐嘉神社境内の赤線バラック「松原親和マーケット」【もあるよ!】(3)

全国裏探訪取材班は、前回から佐賀市内の「松原親和マーケット」に来ている。ここは戦後、引揚者や生活の基 続きを読む・・

【肉まん】佐嘉神社境内の赤線バラック「松原親和マーケット」【もあるよ!】(2)

全国裏探訪取材班は、前回から佐賀市内の「松原親和マーケット」に来ている。ここは戦後、引揚者や生活の基 続きを読む・・

【肉まん】佐嘉神社境内の赤線バラック「松原親和マーケット」【もあるよ!】(1)

全国裏探訪取材班は、佐賀県に来ている。佐賀県は九州の中では一番弱小で地味な都道府県なんですけど、県庁 続きを読む・・

【現在と過去】あの「五条楽園」のお茶屋街の今は。【着物で接客】(6)

全国裏探訪取材班は、京都は五条大橋の近くにあった「五条楽園」に来ている。今回は再度高瀬川を渡り鴨川沿 続きを読む・・

【現在と過去】あの「五条楽園」のお茶屋街の今は。【着物で接客】(5)

全国裏探訪取材班は、今回は京都に来ているのだが、この京都にはかつて着物で接客する秘密の花園があった。 続きを読む・・

【現在と過去】あの「五条楽園」のお茶屋街の今は。【着物で接客】(4)

全国裏探訪取材班は、今回は京都に来ている。今回お伝えするのは「五条楽園」。ここには象徴的な妓楼三友楼 続きを読む・・

【現在と過去】あの「五条楽園」のお茶屋街の今は。【着物で接客】(3)

全国裏探訪取材班は、今回は京都に来ている。京都と言えば祇園にで有名な花街だが、ここは旧遊郭であり赤線 続きを読む・・

【現在と過去】あの「五条楽園」のお茶屋街の今は。【着物で接客】(2)

全国裏探訪取材班は、今回は京都に来ている。京都と言えば四条は祇園にある花街が有名だったりしますけど、 続きを読む・・

【現在と過去】あの「五条楽園」のお茶屋街の今は。【着物で接客】(1)

全国裏探訪取材班は、今回は京都に来ている。京都。その響きは世界の都市の中でもパリ・ニューヨーク並みに 続きを読む・・

【今治駅前】駅直結「北宝来町」のズタボロ赤線地帯を調査する! 【徒歩0分!】(3)

全国裏探訪取材班は、今治駅前にある「北宝来町」のズタボロ赤線地帯を見に来たんですけど、まぁ大きな縄張 続きを読む・・

【今治駅前】駅直結「北宝来町」のズタボロ赤線地帯を調査する! 【徒歩0分!】(2)

全国裏探訪取材班は、今治駅前のオンボロの旧赤線地帯を見に来た。まぁそもそも造船とかの主要重工業も、ア 続きを読む・・

【今治駅前】駅直結「北宝来町」のズタボロ赤線地帯を調査する! 【徒歩0分!】(1)

全国裏探訪取材班は、四国は愛媛県今治市にやってきましたよ。今治市と言えば日本最大のバラックロードと言 続きを読む・・

【夏目漱石】道後温泉裏「松ケ枝遊廓跡」こと「ネオン坂歓楽街」はまだヤッてんの?!【も通った!?】(4)

全国裏探訪取材班は、「ネオン坂」を登り切り残る全てを見て行きましょう。「松ケ枝遊廓跡」から始まり、戦 続きを読む・・

【夏目漱石】道後温泉裏「松ケ枝遊廓跡」こと「ネオン坂歓楽街」はまだヤッてんの?!【も通った!?】(3)

全国裏探訪取材班は、全国遊郭案内にも書かれている「松ケ枝遊廓跡」を歩いている。現在はただの宝厳寺の門 続きを読む・・

【夏目漱石】道後温泉裏「松ケ枝遊廓跡」こと「ネオン坂歓楽街」はまだヤッてんの?!【も通った!?】(2)

全国裏探訪取材班は、道後温泉裏「松ケ枝遊廓跡」こと「ネオン坂歓楽街」に来ている。ここは夏目漱石の“坊 続きを読む・・

【夏目漱石】道後温泉裏「松ケ枝遊廓跡」こと「ネオン坂歓楽街」はまだヤッてんの?!【も通った!?】(1)

全国裏探訪取材班は、四国は愛媛県の松山市へとやってきた。まぁ、取材班は仕事もありますけど基本いつも暇 続きを読む・・

【自殺者の】海抜100m「東尋坊タワー」に登ってみる。【目印】(5)

全国裏探訪取材班は、福井県のアンダーグラウンド観光地東尋坊に建つ「東尋坊タワー」を見に来ている。今回 続きを読む・・

【自殺者の】海抜100m「東尋坊タワー」に登ってみる。【目印】(4)

全国裏探訪取材班は、前回まで「東尋坊タワー」の展望台を見てきた。今回はその東尋坊タワーの地上部分を見 続きを読む・・

【自殺者の】海抜100m「東尋坊タワー」に登ってみる。【目印】(3)

全国裏探訪取材班は、海抜100mに聳え立つ「東尋坊タワー」の展望台登っているのだが、ここは思いのほか 続きを読む・・