【朝鮮学校】伊丹市「桑津地区」は「中村地区」からの引っ越し先だった。【もあるよ!】(2)

 

全国裏探訪取材班は、かつて北大阪の朝鮮人の巣窟だった旧「中村地区」に沸いていた朝鮮人が移り住んだといわれる「桑津地区」にやってきた。さてどんな景色が見られるんでしょうか。早速徘徊していきましょうかね。

「西桑津」

県道99号線伊丹豊中線から北へ入っていくと、県営伊丹西桑津住宅がある。ここは中村地区が演繹だった時代からありましたね。生活保護者とかがたくさん入っている団地だ。

結構大規模な物件でかな~り悲壮感があるな。やはり普通のマンションとは全然違う。

だってほら、公式か非公式か知らないけど、マンションの共用部分に勝手に作物とか植えたりしてるんだもんな。今日の晩御飯を自炊しているのだろうか。かなり自由だなw

ほらね。こことかも。まぁ自由にサンチュでも作ってくださいなって感じですよね。知らんけど。

「高麗フーズ 都」

で、その県営伊丹西桑津住宅の前にはこんな感じの店もありますよ。その名も高麗フーズ都wもう朝鮮人がこの辺に多いですよ!って言ってるようなもんだなコリャ。

「手作り弁当・総菜 おかず倶楽部 電話 0727-72-8733」

その朝鮮フーズじゃなかった・・高麗フーズの隣にはおかず倶楽部なる総菜屋が。ここもどんなお店なんでしょうかね。お弁当500円という料金体系なんで低価格路線か。

「豚肉 豚足 トック キムチ その他」

さて、高麗フーズから見て行きましょうか。ここは結構あちゃらの人種が好きそうなものを売ってるなぁ。豚足とか奴ら好きそうだし、トックって朝鮮の餅だっけ?

 

やはり、気味悪いおでん文字(ハングル)が店内の彼方此方に並んでるな。

キムチも品ぞろえ多そうだし、中にはたくさんの朝鮮マダムたちが居たなぁ。こんな店なんですけどエラい盛況ぶりだ。やっぱ金落とすなら同胞の店がいいもんね。

次は、弁当屋の方。こっちの店の前には自販機がニダい並んでるんですけど、近頃のインフレ気味に逆行して殆ど100円か。これなら生活保護の財布にも優しいな。パチ屋で負けても100円ぐらいは持ってるだろうし。

で、団地の中はこんな感じ。いかにも金持ってなさそうな爺さんがボケっと掲示板を眺めている。

 

で、マスクのポイ捨ても多いな。って思ってたらこんな注意書きも張り出されていた。「使用済みマスクだけでなくゴミのポイ捨てはやめてください‼」とな。民度低いなぁ。

エレベータのボタンもこんな感じ。おそらくパチ屋で負けてむしゃくしゃしてライターか何かであぶったんでしょうか。民度低い。

エレベータ内もこんな感じで、水漏れの修理会社のシールとか、情弱向けの広告が並んでいる。シールは天井まで張られてるし。千社札かよw「糞尿禁止」とかの注意書きも書いてるし。民度・・・

マンションの廊下の共用部分も、こんな感じで共用部分にまで物が積まれて居たり・・民度・・

 

「これはアカン!!」

いや~終盤「民度」という言葉が立て続けに4回も出てしまった。それくらい県営伊丹西桑津住宅はちょっとアレな集合住宅だな。って言ってもまだまだ「桑津地区」は始まったばかりなんで次回以降もご覧ください。

#B級スポット #頭おかしい #DQN #コリアン #ズタボロ #バラック #マニアック #上級国民 #不法占拠 #人権 #在日 #廃墟 #戦後ドサクサ #公団住宅 #貧民街 #放置プレイ #歴史#被差別部落 #路地裏 #貧困 #焼肉

(2020)