【バラック】加賀百万石の藩祖前田利家公を祀る尾山神社前の「尾山神社前商店街」【飲食街】(2)

 

全国裏探訪取材班は、最近少しずつ北陸新幹線開業で盛り上がっている金沢市中心部にある「尾山神社」。その前にあるズタボロの「尾山神社前商店街」を探訪している。

前回はこの商店街の表をご紹介したのだが、今回は裏の飲食街の方を見て行こうと思う。ちょうど裏の道からは、尾山神社へと登る参道が見えてるな。

「小料理 若菜」

神社の門前町と言えば通常は、土産もん屋とか茶店などが並ぶが少しここは変わった様子だな。門前町に赤線を彷彿とさせる戦後バラックのような街並みが広がる。玄関前の鉄板なんか錆びて薄くなり綻びまくってるもんな。

もしかすると参拝客向けを見込んで、当時はいろいろな考えでこのような飲み屋を作ったのかも知らんな。

表に面する料理屋も意味不に鳥居とかがたくさん店先に貼られてるし・・

DMM.com証券

居酒屋や小料理屋が並んでいてそれをいろいろと観察していると、ある店が突然に開く。

スナックと思しき店からはその店のママだろうか。美人のママは準備の為か、慌ただしく自転車で去っていった。一部ではまだ現役らしい。

怪しい赤いテント。そういえば金沢のココも怪しい赤いテントだったのを一瞬思いだす。

取材班、今度は参道向かって右の飲食街を見に行く。

 

電信柱に書かれた「ホテル南国」。調べたが今は金沢市内にこの名前のホテルはなかった。ネーミングやこの劣化具合から見ると、この辺に昔あった連れ込みホテル系かも知れんな。

「スナック ドレミ」

これも微かにやっているかやっていないか・・と言ったところか。完全に瀕死状態だな。

電信柱や、木々に存在がカムフラージュされているが、両隣が完全にぶっ潰され歯抜け状態だ。

「ラウンジ神田」

両隣が取り壊され存在感がなくしたかと思いきや、逆に際立っているな。カラオケの幟を2本立てて、孤独な戦いを今でも継続している。しかもよく見ると3階建だし・・が、頑張れ!

 

右に見えるのがラウンジ神田。長屋の両脇がぶった切られているので比較的新しいトタンを貼ってるな。ラウンジ神田周辺はこの有様。右の区画はかなり歯抜けってんな。

「由美」

残念ながらここも貸店舗となっていた。とまあ尾山神社前商店街飲食街エリアは場末感が漂っているな。

表の商店街エリアはまだ現役感があるが、裏の飲食街エリアは7割取り壊されているので、表の商店街の裏壁面が丸見えに。びっしりと一面にトタンが張り巡らされていた。

2階のトタン窓外にはなぜか榊が置かれて居た。部屋から窓を開けたときを想像すると「尾山神社」が丸見えだからなのか。お供え等している所を見ると、一応信心は深いらしい。そらかつては尾山神社境内だったから当然か・・

もし尾山神社を参拝されるなら門前町「尾山神社前商店街」もセットで見ることを忘れてはならない。

#石川県 #金沢市 #スナック #バラック #商店街 #路地裏 #飲食街 #歴史

(2016)