【幻の】熱海駅前「熱海第一ビル」改め「第一ビル商店街ATAMIX」を見に行く。【熱海モノレール】(4)

 

全国裏探訪取材班は、世界救世教系の事務所も入る「熱海第一ビル」の内部を見て回っているのだが、実はこの熱海第一ビルは、かつて「熱海モノレール」という熱海市街地を走るモノレールの始発駅として建設された側面もあるようだ。もしかしてら駅前ビルではなく、駅ビルになっていたかもしれない内部をさらに見て行こう。

2階は事務所とか、クリニックなど医療関係が目立つな。

2階から3階へ。旧式の1列タイプのエスカレーターが設置されている。こんなエスカレータが登りだけ設置されているのはいかにも昭和の設計って感じ。

3階までエスカレータが設置されている。エスカレーター降りるとすぐに、なぜか個人宅のようなテナントも・・

取材班は1階へ戻り地下へと下っていくが、まだこのオバハン居ったんか。ほんま暇だなw

地下一階。ここにはコインロッカーなどがぎっしり並んでいる。

「和食レストラン たしろ」

地下一階は時代錯誤の地下プロムナードという雰囲気。熱海の地元民だろうか、本日のワンコインランチ目当てに行列ができている。結構有名店らしい。

「熱海 まぐろや」

それ以外の店はやっていたりいなかったり。そらこんな地下での商いも楽じゃないだろうな。

相変わらず、黒パネルに黄色や、オレンジ、緑の半透過パネル行灯が目を引くな。内部の電気回路がぶっ壊れているのか自発光はしていないが、堂々たる雰囲気。にしても、いまどき「食堂」や「喫茶」、「服飾品」、「軽食堂」というボキャブラリーがやけに古臭い表現だな。いまどき「DPE」ってのももう必要ないやろ。

 

ここは一応、地下一階になるがそれは北側JR熱海駅から見た場合で、南側(写真奥)は海に向かって標高が下がっているため、地面の高さと同じだ。駐車場らしきものが見えているが、地下駐車場のような造りではない。

地下1階南側はこのような感じだ。地下1階だが駐車した車はすぐに公道にでられる。ちなみにこの下の地下2階も駐車場。そして、さらに下の地下3階は「熱海モノレール」のホーム跡があるという。ワクワクしてきたな。

「熱海 伊豆山 旅館案内所 伊豆山温泉旅館組合」

このフォントもいい感じだな。何というフォント名かわからない。知っている方はタレコミをお願いしたい(笑)

次回、最後のレポになる。いよいよ「熱海モノレール」の遺構を調べて行こうと思う。よろしくお付き合い願う。

この記事は全5ページあります!次のページはこちら!

#静岡県 #熱海市 #マニアック #未成線 #鉄道 #歴史 #飲食街 #宗教

(2018)