【関東最果ての】潮風香る漁港「銚子漁港」の元赤線「田中特飲街」はアジアスナック街に変貌していた。【私娼窟】(4)

全国裏探訪取材班は、港町銚子のディープスポット「田中特飲街」へ来ている。元々銚子には色町が3カ所ほど 続きを読む・・

【関東最果ての】潮風香る漁港「銚子漁港」の元赤線「田中特飲街」はアジアスナック街に変貌していた。【私娼窟】(3)

全国裏探訪取材班は、焼肉屋まみれの銚子港から少し内陸に歩いてきた。現在の地区は今回の目的地「田中街」 続きを読む・・

【関東最果ての】潮風香る漁港「銚子漁港」の元赤線「田中特飲街」はアジアスナック街に変貌していた。【私娼窟】(2)

全国裏探訪取材班は、潮風香る漁港「銚子漁港」に来ている。潮風や漁港というワードが出た時点で=男の街の 続きを読む・・

【関東最果ての】潮風香る漁港「銚子漁港」の元赤線「田中特飲街」はアジアスナック街に変貌していた。【私娼窟】(1)

全国裏探訪取材班は、千葉と言えば船橋や津田沼、千葉までくらいかなと思ったるするのだが、今回は関東の東 続きを読む・・

【戦後】うどん県高松市の赤線地帯。片原町駅前の「パラダイス通り」ってなんだ?【ドサクサ】(5)

全国裏探訪取材班は、既に滅びゆく赤線地帯「パラダイス通り」を回ってきた。いかがだっただろうか。最後の 続きを読む・・

【戦後】うどん県高松市の赤線地帯。片原町駅前の「パラダイス通り」ってなんだ?【ドサクサ】(4)

全国裏探訪取材班は、香川県有数のけ簡易料理店街「パラダイス通り」の赤線地帯に来ている。この魔界は面積 続きを読む・・

【戦後】うどん県高松市の赤線地帯。片原町駅前の「パラダイス通り」ってなんだ?【ドサクサ】(3)

全国裏探訪取材班は、うどん県の魔窟「パラダイス通り」に来ている。誰しもパラダイスって言ったら明るくて 続きを読む・・

【戦後】うどん県高松市の赤線地帯。片原町駅前の「パラダイス通り」ってなんだ?【ドサクサ】(2)

全国裏探訪取材班は、高松市のディープスポット「パラダイス通り」に来ている。さてそれはどんなスポットな 続きを読む・・

【戦後】うどん県高松市の赤線地帯。片原町駅前の「パラダイス通り」ってなんだ?【ドサクサ】(1)

全国裏探訪取材班は、うどん県高松市に来ている。うどん県と言うのは言うまでもなく、香川県だ。高松ってう 続きを読む・・

【修羅の国】小倉駅前の船頭町・新京町壊滅後の残骸を探す。【北九州市】(5)

全国裏探訪取材班は、北九州は小倉駅前の船頭町・京町をまわってきた。この街は何とも男臭い町だったのが分 続きを読む・・

【修羅の国】小倉駅前の船頭町・新京町壊滅後の残骸を探す。【北九州市】(4)

全国裏探訪取材班は、船頭町という小倉のDEEPアンダーグラウンドゾーンを裏探訪しているわけだ。前回ま 続きを読む・・

【修羅の国】小倉駅前の船頭町・新京町壊滅後の残骸を探す。【北九州市】(3)

全国裏探訪取材班は、小倉駅前のフーゾクゾーン「船頭町」に来ている。ここはその名の通り、小倉藩小倉城下 続きを読む・・

【修羅の国】小倉駅前の船頭町・新京町壊滅後の残骸を探す。【北九州市】(2)

全国裏探訪取材班は、戦後ドサクサ感が現在でも続いている小倉駅前「新京町」に来ている。ここは元々最盛期 続きを読む・・

【修羅の国】小倉駅前の船頭町・新京町壊滅後の残骸を探す。【北九州市】(1)

全国裏探訪取材班は、「修羅の国」福岡に来ている。一言で福岡といえども福岡県の中には、県庁所在地の福岡 続きを読む・・

【犬も歩けば】大阪五大新地の一角を担う「今里新地」も今は朝鮮人だらけ!カオスな色街を散歩する。【ハングル看板】(6)

全国裏探訪取材班は、全6回にわたって今里新地の様子を見てきた。街を歩くと、ちよんの間の前を通るときは 続きを読む・・

【犬も歩けば】大阪五大新地の一角を担う「今里新地」も今は朝鮮人だらけ!カオスな色街を散歩する。【ハングル看板】(5)

全国裏探訪取材班は、まるで犬も歩けば棒に当たる。ならぬ、犬も歩けばハングル看板に当たる。と言わんばか 続きを読む・・

【犬も歩けば】大阪五大新地の一角を担う「今里新地」も今は朝鮮人だらけ!カオスな色街を散歩する。【ハングル看板】(4)

全国裏探訪取材班は、現代に残る花街「今里新地」を見て来たのだが、実はこの今里新地。最近異変があるとい 続きを読む・・

【犬も歩けば】大阪五大新地の一角を担う「今里新地」も今は朝鮮人だらけ!カオスな色街を散歩する。【ハングル看板】(3)

全国裏探訪取材班は、大阪市生野区のDEEPなアンダーグラウンドゾーン「今里新地」に来ている。この今里 続きを読む・・

【犬も歩けば】大阪五大新地の一角を担う「今里新地」も今は朝鮮人だらけ!カオスな色街を散歩する。【ハングル看板】(2)

全国裏探訪取材班は、前回大阪五大新地の一つに数えられる「今里新地」の歴史を簡単にお伝えしたのだが、今 続きを読む・・