【今治駅前】駅直結「北宝来町」のズタボロ赤線地帯を調査する! 【徒歩0分!】(1)

 

全国裏探訪取材班は、四国は愛媛県今治市にやってきましたよ。今治市と言えば日本最大のバラックロードと言われる「蒼社川」土手なんかも有名な地なんですけど、そのJR今治駅前にも目も眩みそうなオンボロ物件群があるという事で調査していこうかと思っている。

「JR今治駅」

「ようこそ タオルと造船の町 今治へ」

さて、早速目的地に行きましょうかね。ここは今治なんでタオルと造船の町なんですか。なるほど軽工業と重工業、女と男の街という訳か。

「受け入れよう 自分と違って あたり前 人権宣言都市今治市」

駅前にはさっそく人権啓蒙の看板があるな。アジア人などの外国労働者などへ差別するな。という意味なのか。それとも、蒼社川へのバラックの人種を差別するな。という意味なのか。それとも工業に従事するブルーカラーの中産階級が、支配者層の経営者を嫉むな。という意味なのか。考え過ぎだろうが意味深だなぁ・・

そんな、今治なんですけど駅から徒歩0分の所にズタボロの飲食街があるんですよね。駅の東側には、このように今にも潰れそうな廃墟がありますよ。うわぁ~これかぁ。

早く裏探訪したい気持ちを抑えつつ、北側の宝来通り側に回り込む。なるほど今治駅東、50m四方ぐらいの場所に固まって存在するっぽいな。

北側に行くと、このような小さいアーケードというか、渡し看板が存在する。いや、この看板がこの場所がどんな場所かのヒントをくれる。なかなか渋いじゃないか。

「サントリー≪純生≫ 」「サントリースナック 碧空」「台湾料理 飲茶料理」

看板にはサントリーの社名が高らかと掲げられ、サントリー提供と思しきものがある。碧空と言う店がどうやらあるっぽいな。

さて路地に入っていきましょうかね。そこはいかにも戦後の残照が残る昭和空間だ。もう、平成を超えて令和なんですけど、駅から徒歩0分でこんな所があるなんてにわかに信じられない。

 

「スナック 洋酒・喫茶 碧空」

おお、なかなか渋い看板だな。こっちはコカ・コーラが提供してるのかコカ・コーラのロゴがある。それにしても店の名名が碧空とは、空襲でコテンパンにやられたから屋根が無くて碧空なんでしょうかね。

で、この碧空さん。地元では有名店で1950年(昭和25年)からこの地で商いをしているのだという。なるほどやはり戦後からですか。

いやぁ~でもこのデザイン見てくださいよ。いまどきこんなデザイン有りますかね。物凄いクラシックな、、いや当時としては前衛的な何とも言えない妙味なデザインと色使いだ。

「生ビール 台湾・飲茶 すっぽん料理 碧空」

この碧空の主人は2代目らしく、初代の主人は台湾にルーツを持っているらしい。実は台湾の英雄蒋介石に仕えていたんだとか。そりゃ、台湾料理や飲茶の提供も頷ける。先代は海千山千の人物だったんだろうな。

 

そんな香ばしい風景を見ながら、次回も「北宝来町」のズタボロ赤線地帯を見ていこうか。

#B級スポット #これはきびしい #アーケード #グルメ #スナック #ズタボロ #バラック #マニアック #不法占拠 #カフェー #喫茶 #廃墟 #戦後ドサクサ #放置プレイ #特飲街 #神社仏閣 #路地裏 #赤線 #青線 #飲食街

(2020)