【一般宿泊でも】別府駅前から徒歩1分、旧「行合町遊郭」現「北部旅館街」を通り抜け。【利用可能】(6)

 

全国裏探訪取材班は、「北部旅館街」をみてきたわけだが今回最後に周辺の町並みまで見ていきたいと思う。

前回、取材班はメインの北部旅館街の一本南側を歩いてきたわけどが、どうやらその通りにも怪しい旅館が点在していた。

正面から見てみよう。やはりビンゴのようだ。2階の手摺の欄干、1階の意匠。ほぼ間違いないだろう。

木の手摺りは朽ちてしまったのか、今は樹脂製か金属製の手摺りになっているのはご愛嬌なのか。

「旅館 はつ美荘」

はつ美。女の名前だろうか。いかにもなネーミングだな。何人の女が出入りしたのだろうか。想像がつきんな。

 

うわ〜往時はどのように利用されていたのかは知らないが、これも全部クラシックだな。徳島の秋田町遊郭の長屋にどことなく似てるな。これで出入り口にベニヤ板とかあれば完璧だな。

これも気になるな。どでかい木造建築に出入り口が2つ並んでいる。客用、家人用と言うわけでもなさそうだな。

よって見てみよう。左右とも後年にアルミのドアがはめ込まれてるな。上のガラスはそれぞれ別の意匠なので別々の何かなのか。

「春日荘」

 

「旅館 紅梅荘」

北部旅館街と言う名に恥じず松竹梅沢山のタイプの旅館が犇いてんな。ちゃんとしたっぽい旅館もあれば、連れ込み旅館風から、ヤリ小屋みたいなものまで選びたい放題だったのか。

「延命地蔵尊」

取材班はさらに別府駅側に場所を移す。区画の角に延命地蔵尊と言うものがあった。火山の噴火を境に建立されたと言う。角に松が生えているので遊郭の守神とも見紛う。そうかも知れんが。

「ぐるめ庵 焼肉ホルモン 一力」

地蔵尊のすぐ近くには焼肉屋がある。

その名も「一力」。こんなネーミングがつくのも嘗て遊郭近くだったからだからか。

 

しかも、その前にはまた怪しいスナックの残骸がある。どっちの店も玄関ドアが妙な角度で斜めに施工されたいる。こんな物件をみるとこちらの想像も斜めから怪しんでしまうのは仕方がない。

こう言った景色を見ていると、別府はなかなかいい町だったなと思うのだが、手前の重機を見て欲しい。これからここら辺りはなにせ駅前なんで確実に開発が進む。

レトロな旧赤線の町並みと別府タワー。いつまで見られるのだろうか。確実に10年後は存在しない物件なので、別府観光の際は、一度は訪れて欲しいものだ。

#別府市 #レトロ #赤線 #路地裏 #ズタボロ #歴史 #遊郭 #温泉 #激安

(2019)