【DQNの】これは大阪の恥部、信太山新地の隣!「和泉第一団地」に潜入する。【巣窟】(2)

 

全国裏探訪取材班は、信太山新地の隣にある、最凶のDQN団地「和泉第一団地」に来ている。この辺は結構大きな団地の集合体のような地区でここらの場所柄を象徴している。さっそく潜入していこう。

「幸・王子地区市営住宅案内板」

周囲の団地群のほんの一部が今回の和泉第一団地だ。この団地群がいかに広大かがお分かりいただけるだろうか。

「1号棟」

先ずは1号棟から見て行こうか。この建物は偶数階に廊下があり、奇数階には廊下がない造りなのがお分かりいただけるだろうか。かなり特殊な設計だな。

そういや、廊下が2階に1つという設計は他にも広島の市営基町高層アパートなんかがそれに該当しましたよね。

 

元町高層アパートに関しては少しでも住居空間を拡張するため、そのような廊下構造になっていたようだが、この和泉第一団地に関しては廊下が無い階が廊下がある階と同じ部分までせり出していないので、単純に住居空間を拡張するという目的ではなさそうだ。

おそらく南大阪の市営住宅の為コストカットかなんかの為ではないかと推察するが。実際にの所は分からない。まぁ今となってはコストカットどころか町の治安までカットされているわけですが・・

「幸一丁目 8」

さて、外観はほどほどに、物件を見て行きましょうかね。

「和泉市旭町八七番地 和泉第一団地集会所」

1棟の1階にはこのような集会所が。すでにこのへんから陰気な雰囲気が漂ってきますよ。

 

青色と、白色のツートンカラーが妙に印象的ですよね。その青のカラーは寒色系でしかも原色というよりもシアンっぽい補色系の色なんで余計にネガティブカラーですよね。しかも近づいて見るとする目みたいに粉っぽいしwチャリとかドラム缶とかも適当に置いてあるし。

1棟の1階部分自転車置き場。結構落書きが書かれてんな。

お、こっちにも落書きが盛大にやられてんな。そしてまたドラム缶ですか。ここいらに居るDQNが将来本格的な道を極める人たちに成るべく、少年時代からドラム缶の使い方ぐらいはマスターして即戦力になることを目指してるんすかね。こんな無造作にドラム缶があるとそんな想像をせずにはいられない。

常人には理解できないようなDQN言語で書かれた壁を見ながら、取材班は想像を巡らせる。もしかすると外観でこれだから、内観はもっとひどいかもしれない。

次回、気になる1号棟の内観を見て行くとするか。

この記事は全7ページあります!次のページはこちら!

#和泉市 #DQN #ズタボロ #これはひどい #団地 #頭おかしい #廃墟 #マニアック

(2019)