【ソ-プ・コンパニオン】歓楽温泉「片山津温泉」はコロナでオンボロになっていた。【は絶賛営業中!】(4)

 

全国裏探訪取材班は、石川県加賀市「片山津温泉」にやってきた。ここは中世から近代以降ピンク温泉地だった場所だ。現在は北陸屈指のソ‐プ街として、歓楽温泉地として名を轟かせている。取材班調べでは4軒か5軒のソ‐プがあるらしいんで片山津の路地を練り歩いて行きましょうかね。

「風呂近荘」

ここは温泉街から西に入った路地なのだが、少し気になってので入ってみた。ここには風呂近荘なるネーミングの安アパートがあった。これはどういう意味なのか。

取材班はその路地を西側に入って行く。一見すると単なる住宅地のように見えるのだが・・・

「第70回 社会を明るくする運動 「ごめんなさい」言える勇気と 許せる心」「犯罪や非行を防止し、 立ち直りを支える地域のチカラ」

まぁ、こんな標語があるぐらいなんで、ちょっとアレな地区なのは容易に想像がつくんですけど、どうなんでしょうか。

そうこうしていると、怪しい黒塗りのアルファードが停まっている物件を発見。

「キューティードール」

どうやらこの物件はキューティードールなる大人のお風呂屋さんなのだという。ここからは、全国裏探訪でもおなじみの風イ谷通のI氏にお話を聞きながらお話を聞いていこう。彼ならこの世界かなり詳しいみたいなんで。

店舗前をうろついていると従業員と思しきボーイが店の中から出てきた。I氏曰くこのキューティードールは片山津では一二を争う若いホステスの在籍店らしく、20-25歳の女が多いので若い子目当てだとここなのだとか。

駐車場を見ると、県内ナンバーはもとより、県外ナンバーが停まっているのが確認できた。温泉に遊びに来て、アッチの方も遊んでいるのか・・それにしてもこの物件全体的に傾いてないか?w

 

キューティードールの通りをさらに奥に歩いていきましょうかね。本家全国遊廓案内でも“遊廓では無い”と言っている場所なんですけど、どことなく遊郭とか赤線臭がするのは気のせいなんですかね。まぁかなりの月日をピンク温泉として栄えていたんで無理もないですけど。

かつてしがない食堂だった場所なのだろうか。商いのにおいを感じる。まぁソ‐プが何店舗もある場所なんで腹ごしらえスポットはマストスポットなのだろうか。

「飲食店営業 石川県」

オンボロの日本家屋があちこちに存在しますよ。お、そんな路地の先にはまたまた怪しい看板のお店がありますね。

 

「ミューズ Muse」

その名もミューズというこれも大人のお風呂屋さんかぁ。ただこの店は片山津温泉でも一番外れにある地区なんで残念ながら潰れてもう二度とお風呂には入れないようだ。

「全日本特殊浴場協会連合会 加盟店 No0995」

そういやこのASUこと全日本特殊浴場協会連合会の看板ってここの特殊温泉街にもありましたよね。あそこは確か加盟店No0495番でしたっけ?w

かつての特殊浴場とその背後にあるホテル湯快リゾートこと、正式名称湯快わんわんリゾート片山津。これぞ歓楽温泉という眺めだな。さて次回も、片山津温泉のソ‐プを見ていきますよ!

#これはきびしい #グルメ #スナック #ズタボロ #バブル #マニアック #レトロ #廃墟 #放置プレイ #歴史 #温泉 #温泉街 #路地裏 #廃線 #鉄道 #観光地 #赤線 #遊郭 #風俗 #飲食街

(2021)