【兵庫】「天王谷砂防ダム」の不法占拠朝鮮人集落を見に行く!【の恥部】(2)

 

全国裏探訪取材班は、兵庫県神戸市北区にある天王谷に来ている。ここには天王谷川沿いの山の中に「天王谷砂防ダム」があるのだが、そこには不気味な不法占拠朝鮮人集落が残っている。現在ダムの下流部分からアプローチしている。

では奥に進んでいく。この写真だけ見てしまうと、昭和の面影が残っていて、人によっては懐かしさを感じる読者もいると思うが、時代が2つ変わって現在は令和だw

だいたいこういったところは元々居住区ではないわけだし、ましや現代のように都市の開発者が存在して、区画を決めて開拓して付近にモデルルームを作って、チラシとアポの電話を入れまくって土地と家を切り売りしている地区ではない。そのため上下水道が整っていない。無論建築基準法にも適さない違法建築も多い。

適法状態で建てられた建築物ではないので、玄関らしい入り口もなく、通用門みたいな入り口を玄関としていたよう。奥の建物は人は住んでいないようだ。ちなみに右側は1軒住んでいるよう。

恐らくしばらくの間住んでいなかったのだろう。柵の塗装が剥がれ、錆びている。なぜこのあたりに朝鮮人が居着いたのかは不明であるが、神戸の話をすると、戦前日韓統合していたタイミングで半島から労働のため、生活困難なため、金儲けのために渡ってきた朝鮮人がいたとされる。

その彼らは神戸ではゴム工業に従事していたようだ。しかし、終戦後多くの朝鮮人は朝鮮半島に帰っていったが、帰国費用を捻出できない者、家族がいるため朝鮮半島での生活が困難で日本に不法と知りつつ居座り続けた者が残った。しかしながら、不法と分かって生活しているため、表だって生活するものが困難だった者は山の中や比較的にアクセスしにくい場所などに土地を切り開いた。

無論こういった建物に住み着いた当初は当たり前だが、行政のサービスが整っているわけではなく、ガスはプロパンガスなど民間のサービスがあるが、特に電気とか、上下水道が整っていないことが多い。もちろん建築物も今でいうところの耐震基準を備えていなかったり、今でいう違法な建築物が後を立たない。行政の監視が比較的に薄いということはゴミの山や道の専有も多く見られるのが特徴。

その為、不法投棄、異臭騒ぎ、反社会的勢力のアジトになることも少なくなかった。また人間というのは同じ境遇や環境の者と仲良くなる性質から「同胞」と呼び合うことが多い。同じ人種には仲良くなりやすい。彼らは日本人に比べてつながりが強い独自のコミュニティを築いている。

日本は長らくこういった問題に対して、文字通りキムチ臭いものには蓋をしてきた。そのため、こういった建築物が未だに全国各地に残っている。このアパートはほぼ誰も住んでいないようだ。1階の扉と扉の間の壁が薄い・・・

 

ガムテープは比較的新しい。ダイレクトメールを拒否しているわけではなく、恐らく、風で蓋が開閉して音が鳴るのを防いでいたよう。

誰にも迷惑がかからないかと言って、網戸を柵として使うのは建築基準として問題があるし、落下した場合打ちどころが悪ければ例え2階でも死の危険があるな。下手すれば電線が切れることもあるだろう。そういう迷惑は考えないんだな。この柵は洗濯物干しとしても使っていたようだし。

今日は眠いんでここまで次回も「不法占拠朝鮮人集落」を見ていこう。

#B級スポット #頭おかしい #頭悪い #DQN #これはひどい #コリアン #ズタボロ #チャイニーズ #バラック #上級国民 #不法占拠 #人権 #公明党 #在日 #廃墟 #戦後ドサクサ #放置プレイ #空撮 #路地裏 #貧民街 #貧困

(2021)