【大入道】四日市の赤線「西新地」諏訪公園界隈を散歩してみる。【もいるよ!】(4)

 

全国裏探訪取材班は、三重県下最大の歓楽街四日市「西新地」にやってきた。ここには大人のリフレッシュスポットのピンクなサロンや大人のお風呂屋さんなんかがあったりするんですよね。前回までそんな街角の風景を見てきたんですけど、今回はオンボロの街並みを見ていきましょうかね。

「2番街」

今回も2番街こと西新地のここからのスタートしていきますよ。

とあるビルのエントランス。昔ながらの高級お風呂屋さんにもこんなオブジェってありますよね。いかにもバブリーな時代を感じるなぁ。

諏訪公園の一番北側の交差点はこちら。ちょっと赤線チックな物件や、ここにもピンクのサロンがあるみたいですね。

「サロン女王蜂」

なるほど、サロン女王蜂とな。刺して痛くなるのは男の財布なのか。それとも女が男に刺されるのか・・意味深なネーミングだなぁ。

振り返ってみると、2番街のゲートや、前回ご覧いただいた「海物語」や「タレントクラブ」が見られる。

「やき清ビル」

女王蜂がある通りから直角に入る形で、やき清ビルという渡し看板がある。ここはスナックなどがある飲み屋小路か。

「SNACK 都志」

うわ~この小路の中に入るといかにも赤線チックな怪しいスナックがあったりもする。もちろん健全な店がほとんどだと思うんですけど、探せば潜りの連れ出しスナックなんかもあったりするんでしょうか。

「ほし野」

 

「YUリラクゼーション」「ひろ」

通りを北進し柳通りまで出てきた。ここには割烹料理屋や、中華系の個室マッサージ店、スナックなど多様な店がある。

「大正館」

下劣な店が多い諏訪公園周辺なんですけど、国際観光料理旅館大正館という由緒正しそうな旅館もあったりもする。地元民の冠婚葬祭なんかに使われてるんすかね。

そんな高級旅館を横目に路地を歩くと、こんなオンボロ食堂があったりする。いかにも赤線の飯処でなかなかレトロだな。

「おふくろの味 ゆうさん」

赤ちょうちんのぶら下がる物件の真ん中にはかつてのスナックの残骸だろうか。いかにも昭和風情の雰囲気がいまだに残ってるようだ。

 

「わすれな草」

こちらもスナックですかね。看板の表記だけが妙に新しかったんですけどニューカマーですか。それにしてもこの散らばったお椀は何?

こっちは料理屋の残骸でしょうか。それにしてもこの通りはうす汚い路地だな。かつてはネオンギンギンな路地だったのだが現在は寂れまくっている旧盛り場のような印象だ。

「リトルリバー」「之美」

最後に一番印象深かったのはこちらの物件。蔦まみれだな。元は料理屋とスナックだったらしい。

「スナック ひまわり」

そんな息絶えていそうなスナックも逢魔が時になり、オレンジのライトを灯しているようだった。まだ現役なのか。にしても、なかなか四日市の盛り場もいろんなバリエーションがあったな。

 

「三重県四日市南警察署 諏訪交番」

最後に公園の敷地には交番もあった。もちろん旧赤線地帯の名残と見て九割九分間違えなさそう。

さて、三重県下最大の歓楽街「西新地」はいかがだっただろうか。夜のDEEPスポットをお探しの出張族は先ず「諏訪公園」を目指すといろいろ楽しいところがあるようなので是非どうぞ。

#B級スポット #アーケード #エロ #ギャンブル #スナック #ズタボロ #マニアック #商店街 #特飲街 #現存せず #路地裏 #赤線 #風俗 #飲食街

(2020)