【大入道】四日市の赤線「西新地」諏訪公園界隈を散歩してみる。【もいるよ!】(1)

 

全国裏探訪取材班は、三重県の最大の四日市にやってきた。県庁所在地っぽい町なんですけど、三重の県庁所在地は津なんで間違えないように。そんな四日市市に来た取材班なんですけど、JR四日市に来るのは間違い。近鉄四日市で降りてくださいね。よく関東の出張族が間違えてJR四日市に来てやられるパターンがあるんでそこだけは注意。JR四日市で降りても駅舎はオンボロ、近くにはあばら家の商店街しかないですから。

「近鉄四日市」

さて、そんなトラップにも嵌らず近鉄四日市まで来られた熱心な読者は、もう目的地は近いですよ。

「1番街商店街」

駅の南側にある1番街商店街へと入って行きましょうかね。ここは四日市でも一番の繁華街へとつながる商店街です。

「いらっしゃい1番街」

中へ入ると「大入道」が横断幕に描かれ、マスコットキャラクター化している。

「大入道」

ところで大入道とは何かをご存じだろうか。読み方は、おにゅうどう、や、おおにゅうどうと読むのだが、もっぱらココ四日市では「おにゅうどう」と呼んでいるらしい。昔の伝説の妖怪の類だ。

今ではその妖怪もこの四日市のマスコットキャラクター化している。そういや昔はこの辺にその大入道人形がいたはずなのだがどこに行ったのだろう・・・

お!1番街商店街のグリーンモールまで来ると大入道が居ましたよ。

本来大入道は着物を着ているはずだが、まるで南港に沈められる前のようにブルーシートでぐるぐる巻きにされている。昔は、商店街の大通りでこの大入道のからくり人形がこの首が伸び縮みしていたはずだが・・

ちなみにこちらが2008年に取材班に一人が撮影した大入道。この時はまだ現役で機微が上下に動いている。一番最初に見たときはぎょっとしたんですけど、今は未稼働なようだ。

 

ちなみに毎年夏に開催される四日市まつりではこれより巨大な、巨大大入道からくり人形が登場するのだという。興味があればぜひご覧いただきたい。

さて、そのアーケードから、例の繁華街のある「諏訪公園」のほうに抜けていきましょうかね。こんな路地にはレクサスとか言うパチ屋もあったりなかなか香ばしい町並みになっている。

この辺は小さな居酒屋が無数にありますね。住所で言えば四日市市諏訪栄町1ぐらいか。ここはまだ飲食街エリアか。

「のれん街」

 

「おでん 一品料理 風流」

こののれん街には小さなスナックや小料理屋がひしめいている。店名にもあるがなかなか風流な小路だな。アンモニアくせーーーーw

この辺は諏訪公園から見れば、南側のエリア。元はこの辺は「港楽園」と言われていたらしく、個人の昔ながらの飲食店が広がっている。

「諏訪公園」

取材班は、一先ず諏訪公園に出てきた。次回はもう少し怪しいゾーンへと入って行きましょうかね。

#B級スポット #アーケード #エロ #ギャンブル #スナック #ズタボロ #マニアック #商店街 #特飲街 #現存せず #路地裏 #赤線 #風俗 #飲食街

(2020)