【朝鮮人】岡山の「バラック村」を散歩【貧民街】(5)

 

全国裏探訪取材班は、「朝鮮人バラック村」見に来た。岡山市北区にあるこの場所なんですけど、北西に300mほど行くと陸上自衛隊の基地があったり、解体業者屋があったり、車の廃棄施設があったりなかなかちょっとアレな場所なんですよね。

「岡山市北区宿」

場所は市内を流れる旭川の上流と、ヘドロ臭のする用水路で挟まれている場所。山の奥には例の自衛隊の基地がある。

バラック村集落中心部には県道27号線岡山吉井線の土手から降りてくる道がある。事実上ここが集落へのアクセスロードか。

中央の広場はこんな感じなんですけど、ここも生活感が半端ない。何か旭川で漁でもしているのか。と思う感じの生臭さの異臭がしていたんですよね。そこで洗濯物も干してたりもうめちゃくちゃだな。

ここはDIYスペースですかね。ラジオつけて日向ぼっこしながらバラック家の改修とかしてるんですかね。広い庭やスコップとかもあるんで自家菜園とかもできるだろうし。

こっちもDIYスペースですかね。机と台車、さび付いた工具が並んでいます。

そのDIYスペースの前の民家は、屋根が雨漏りするのかブルーシートがかぶせられている。ま、そのブルーシートも紫外線で劣化して意味をなしてないわけですけど。

こちらが中央の広場の上空からもの。いつも思うんですけど、こんなリバーサイドに広い庭と自宅があって生活できるなんてなかなか楽しいグランピングライフが送れると思うんですけどどうですかね。おそらく生活保護もあるんでだろうしマジ最高だな。

さて、取材班は中央の広場から北上して、バラック村の奥へと入っていきましょうかね。すると、とある民家を発見。少しでも広くしようとしてなのか、1階の建坪に対して2階の面積が20%ぐらい拡張されているのが笑える。よく見たら傾いてるしw

 

で、その物件はまだ人が住んでいそうな雰囲気。ここでは競馬中継が聞こえていた。まぁ正直ギャンブルなんて情弱がやるもんなんでいつまでたっても生活は楽にはならない。まぁ支給された泡銭なんでしょうけど。

取材班は小さな路地も逃さずに踏破していきますよ。ここも生活道路なのか轍ができている。

軽自動車もあるんですけど、数年放置プレイなんで車も埋もれていますね。もうラピュタに出てくるような取り残された雰囲気だ。

自転車もほらこの通り。自然に戻ろうとしている。

 

タレコミをいただいたA氏によればこのバラック村は少しずつ徐々に解体されているらしく、ここのバラック村自体あと10年もすれば消滅するんじゃないかな。とも語ってくれた。

ここなんかは屋根がすべて崩れ落ちて、完全にあばら家と化している。人が住まなくなると崩壊は一瞬だな。

さて、次回「朝鮮人バラック村」の最終回は、まだ見てないの残りをご覧いただこう。

#B級スポット #頭おかしい #DQN #これはやばい #ギャンブル #コリアン #ズタボロ #チャイニーズ #バラック #ホームレス #レトロ #不法占拠 #人権 #公明党 #商店街 #在日 #廃墟 #戦後ドサクサ #放置プレイ #空撮 #路地裏 #貧民街 #貧困

(2021)