【駅前に】丸亀市「福島遊郭」と「西平山町新堀遊郭」を一気見!【2遊郭!】(5)

 

全国裏探訪取材班は、全5回にわたってJR丸亀駅駅前に存在した2つの遊廓「福島遊郭」と「西平山町新堀遊郭」見に来たのだ、それも今回は最終回となってしまった。

「西平山町」

この西平山町新堀遊郭だったところも、現在でも丸亀市西平山町という住所で残されている。

通りはこんな感じで転業旅館っぽい物とかあったりもして、往時の雰囲気を今に残している。全国遊郭案内の続きを確認しつつ町並みを見て行こう。

「この丸龜市は昔から参詣者の多かった金刀羅宮を側に控えて居るので、参詣人を乗せた和舟の寄港地となつて居た。之等の客人の爲に自然と遊廓が生れたと言はれて居る。現在遊樓数十八軒、娼妓は七十六人居る。娼妓は全部居稼ぎ制で、大阪式の時間制であつて店は寫眞制になつて居る。廻しは取らない。(続)」

「御定りは一時間一圓三十銭で一夜は八圓夜十二時以降は四圓、藝娼妓の玉代は其れに一割増である。此處の特風は二枚鑑札もあるので通連には面白い所だと思ふ。(続)」なるほど、この西平山町新堀遊郭は芸者と娼妓の2つの資格を持った女が居たのか。今で言ったらキャバクラからそのまま!みたいな感じだったのか。

「藝妓の玉代は一時間一圓位である。北は瀬戸内海に面して風光明媚、殊に夜は別格の情緒がある。又有名な龜山公園も附近にある。(続)」

「妓楼は、日芳樓、東加々未樓、西加々未樓、金波樓、金波樓支店、二葉樓、朝日樓、吉田樓、新榮樓、新榮樓支店、松風樓、なば圓樓、住吉樓、八幡樓、三宅樓、清開樓等である。」

「蛭子神社」

集落の中には、町内安全と書かれた蛭子神社が建立されている。これも遊郭あるあるですよね。

あと、メインストリートの東端、西平山町新堀遊郭の北東の一角には更に神社仏閣が横並びで2つもあった。

 

「稲荷大明神」

「玉積神社」

何故にこんな所に神社が横並びで存在するのかまでは分からないあが、どっちにせよ遊郭が関係しているのは間違えなさそう。香川県神社庁に聞いても不明らしい。

「うまい! 安い! 林ホルモン」

神社の南側には林ホルモンとか言う焼肉屋もあったり。地元民曰く豚足はじめ臓物とかがメインらしく、ホルモン好きには結構な有名店らしい。アチャラ系の料理が好きな諸君は行っても良いかもしれんな。

集落内には銭湯もあったり、ここら辺の民家が古く風呂が無い事の裏付けなのかもしれん。

 

集落内は古い建物が多く、四輪自動車が通行できない程狭いところもある。いい感じの雰囲気だ。

「獅々友旅館」

ここは、大西旅館があるメイン通りから2本南側にある路地なのだが、ここにも旅館がある。ここも転業旅館の類なんですかね。

現在は西平山町だが、この旧問屋町の界隈にはこんな感じのなまこ壁の蔵なんかも存在したり。瀬戸内海の貿易港の名残も残って居たりもする。

こんな感じで、カフェー調の物件も今に残って居たり。そんな感じで「福島遊郭」も「西平山町新堀遊郭」もイロイロ探し回れば結構痕跡が残ってたりもする。

 

有名な骨付き鳥「一鶴」を食べた後は界隈の散歩をしても良いかもしれん。

#これはおもしろい #カフェー #ズタボロ #バラック #マニアック #不法占拠 #廃墟 #戦後ドサクサ #放置プレイ #歴史 #神社仏閣 #路地裏 #赤線 #遊郭 #鉄道 #焼肉

(2020)