【東京最古】「東上野コリアンタウン」を見物する【キムチタウン】(3)

 

全国裏探訪取材班は、東京最古のコリアンタウンと言われている「東上野コリアンタウン」に来ている。前回までは、表の通りを見てきたんですけど今回はそんなキムチ横町の路地裏を見て行きましょうかね。

表はこんなかんじでそれなりに人通りも多くて、昼になると焼肉ランチを食べに来たりする観光客をちらほら見たりするんですけど、裏通りはどんな感じなんすかね。

「板門店」

いたもんてん?と呼んだあなたは、裏探訪のまだまだビギナー。これはパンムンジョムと言います。はい。板門店はちょうど、南朝鮮(韓国)と北朝鮮(黒電話)のちょうど境界線の地名だ。南北融和のためなのでしょうかこんなネーミングの店まである。

「上野肉店 牛・豚・内蔵」

路地裏へと回り込もうと取材班は東上野コリアンタウンの一番角までやってきた。角には上野肉店とか言う精肉店を発見。上野肉店とか言う割に、看板上にはおでん文字が書かれて居たり、オレンジの香ばしい看板だ。

看板には、牛・豚・内蔵とド・ストレートに書かれているのが印象的。朝鮮人っていろんな肉食べるもんね。まだ、犬とか書かれていないだけましとしようか。

販売されているメニューがこんな感じだ。「韓国風モツナベ」から「韓国おかず」「ゆで豚ミミ」「豚足」「ユデ豚」まで朝鮮人が好みそうな食材がズラリと並ぶ。ちゃんと冷麺が並んでいるのも見逃がせないポイント。

あとは、ハチノスも当然ありますよ。しかも、そのハチノス、「ゆでハチノス」と「生ハチノス」まである完全朝鮮仕様だ。「牛小腸」などもお見逃しなく。

「中国料理 迎食街」「韓国家庭料理&焼肉 ソウル」

さて、上野肉店を回り込んだ取材班は路地裏へと入っていこうと思うが、は入口には宗主国と属国の店が並ぶ。

路地裏の感じはこのようなイメージ。狭いなぁ。人が一人行違うのが精いっぱいな幅員だ。本場のソウルの市場もこんな感じなんですかね。パスポートなしに汚い半島の雰囲気が楽しめそうだ。

 

で、半島は汚いんですけど、この東上野コリアンタウンも汚いな。ってか臭い。なんか変な臭いがするな~と思ったらこの下水か。なんか小便臭がすごいんですよね。さすがリトル朝鮮w

路地裏に入ると、早速朝鮮コリアンDQNの落書きがあるな。これって日本の落書きと違う気がするんですけど、やっぱりベースはおでん文字ベースなんですか?ハングルっぽいよね?って思うのは取材班だけ?

東上野コリアンタウンの路地裏に入った瞬間、強烈な小便臭と空の範囲がめっちゃ狭くなる。建物も古いし、2階部分からは韓国ドラマの声がかすかに聞こえてくる。これが、朝鮮の路地裏なのか。

さて次回は、残る路地宇裏の部分を見て行きましょうかね。最後までお楽しみください。あ、あと、このレポ見る時公衆トイレ内で見るとリアリティ増すと思います♪w

#B級スポット #頭おかしい #DQN #グルメ #コリアン #在日 #ズタボロ #バラック #不法占拠 #商店街 #戦後ドサクサ #焼肉 #路地裏 #雑居ビル #飲食街

(2020)