【本土最南端の】指宿ソープランド「秘宴」とズタボロ温泉街【ソープ!!】(4)

 

全国裏探訪取材班は、前回本土最南端のソープなんかを見てきたわけですけど、今回は折角ここまで来たんで、指宿の温泉街なんかも見て行きましょうかね。

「ソープランド秘宴」

「男性天国 ソープランド」

この砂むし温泉通りは商店街のようになっており、並んでいる商店の前の街灯にはその屋号なんかが書かれているんですけど、この街灯の前には秘宴があるので一般商店に紛れこのような街灯になっている

「湯の浜五丁目 10」

さて、そんな砂むし温泉通りから一本奥に行ってみようか。

一本裏手の路地も街灯が商店街チックだったりする。ここは子宝ロードと言う道らしい。

「若宮神社」

なるほど。ここに建立されている若宮神社と言うのがどうやら子宝の神社らしい。

神社の境内入口には、奇岩も設置されてる。子ではどうやらイチモツの形なんでしょうか・・う~ん。

表通りには男性天国があって、裏には子宝神社ですか。指宿って砂むし温泉以外ヤル事なくてお盛んなんでしょうか・・

 

「子が授かりますように。仲良くします!」「子宝~」

「子宝ロード」

絵馬を見てもこんな感じで真面目に取り組んでいるのがお分かりいただけるだろうか。表の男性天国とはえらい違いだな。

「元湯温泉」

若宮神社から少し歩くと元湯温泉がある。ここは、特殊浴場とかではなくて、元々市営の公衆浴場だったらしいのだが今は違うみたい。

中はこんな感じで、結構いい湯だった。入浴料9000円の男性天国は19時~なので、そこまで待てない方はここは昼からやってるし、入浴料も350円と安めなので、お散歩の際は立ち寄ってもリフレッシュ出来るかも知れんw

 

元湯の外観には美しい女の絵も描かれている。これは大河ドラマのヒロインにもなった篤姫なんでしょうか。大河の時は確か宮崎あおいでしたっけ。篤姫って本物はこの人なんですよねwてか「指宿」って「湯豊宿」なのか。

〈Wikipediaから〉

で、取材班は再度砂むし温泉通りに戻ってくる。ここには雀荘とかスナックとか名ばかりのクラブが立ち並んでいる。

雀荘の2階を見てみると男が暇そうに新聞を見ている。やってんのかこれは?!

 

「スナック マドンナ」

「砂むし会館 砂楽」

ここが指宿名物砂むし温泉が体験できる施設だ。取材班も確かオープンしたての頃に行ったな。

最初は、陸上の施設で浴衣に着替えて浜辺へと降りていく。

浜辺は摺ヶ浜と言って、1Kmにわたって砂浜が地熱でめちゃくちゃ熱されている。場所によっては90度近いところもあったりするので、砂浜にもこのような注意書きが多く建てられている。毎年何人かは裸足で侵入してやけどする様だ。パッと見はどこが高温か分からないのでマジで地雷だな。

 

浜辺ではテントが張られた入浴場があり、そこでは温度管理された砂むしに入ることができる。

温泉街と言っても砂むし以外にこれと言ったアクティビティがあるわけではなく。みやげ物屋もこの通り閑古鳥が鳴いていた。

大規模ホテルもあったりするので、取材班はロビーでアイスコーヒーでも注文しようと思ったのだが・・

「歓迎 ホテル偕楽園」

どうやら様子がおかしいのだが・・さて中に入っていきましょうか。

 

中を見るとこの通り。ロビーラウンジはおろかホテル全体が廃墟だし。唯一取材班を出迎えてくれた可愛い人形館も放置プレイでどこか悲しげだった。

まぁこんな感じでさして一般人が行くと砂むし温泉以外見どころも無いのだが、本土最南端のソープとか、ズタボロの駅前とか、エモいノスタルジーに浸りたいというマニアにはある種オススメなのかもしれん。旅館も安いし浮いたお金で男性天国に行ってみてもいいのかもな。

#指宿市 #温泉 #風俗 #鉄道 #ズタボロ #路地裏 #レトロ #スナック #放置プレイ #廃墟

(2020)