【コリアン】川崎市の朝鮮街「桜本町」「おおひん地区」を見回る!【タウン】(6)

 

全国裏探訪取材班は、川崎市「桜本町」にあるコリアン商店街「セメント通り商栄会」に入った。ここはこのコリアンタウンのもう一つの商店街として君臨してる場所なのだが、ほとんど人がいない。大丈夫かここは。

「KOREA TOWN」

通りを入るや否や、いきなり焼肉屋っぽい物件がお出迎え。そりゃそうだよね。朝鮮人の街なんだし今更何も驚かん。でも、テナント募集中の看板が貼られていた。これハナ信組で借りてたらどうなってしまうんだろ。在日の取り立てって想像もつかないひどい仕打ちなのだろうか。

「セメント通り商栄会 KOREA TOWN」

通りの電柱には朝鮮人の衣装チマチョゴリを着たキャラクターが我々取材班に手を振っている。本物はもっとエラそうにしていて、もっとエラ張ってると思いますが・・・w

通りを入ると、基本真っ直ぐの商店街ほど賑わっていない通りが続く。昔は八百屋初め生活用品を扱う店もあったのだろうが、現在はこの通り死んでます。

ゴーストタウンとは言い過ぎかも知れんが、道にはゴミが放置されていたりと民度の低さを伺い知れる事ができる。

これは喫茶なのか、スナックなのかはたまた小料理屋なのだろうか。意味のわからない飲食店と思しき商店もあったり・・・・

「浅見肉店 もつのあさみ」

そして、唯一客がいる店はここですよ。その名ももつのあさみという肉店。少しエラの張った朝鮮人系の客が臓物を買い求めていた。

「にこみ用 牛大腸」

さすがもつ専門店だ、様々な臓物を扱っているのか。牛や鶏、豚のイラストが描かれている。そういや、アチャラ食生活って飛ぶものなら飛行機以外、四つ足のものなら机以外は全部余すところなく食べるって聞くしな。

「炭火焼肉 杉の家」

「焼肉 美星屋」

当然ながら、前述した通り焼肉屋は結構あるんですけど、ほとんどやってるのかやってないのかわからん店が多いな。かなり厳しめ。てか、美星って絶対経営者アチャラもんだろw

「YAKINIKU TOUTENKAKU」

さらに進んでいくと。こちらは今までの焼肉屋と違って大規模な焼肉屋があったりする。東天閣という店の前の壁面には巨大なチマチョゴリを着た男女が挨拶している壁画が描かれているが、しつこいようだが朝鮮人ってもっとエラそうでエラ張ってるだろw鮮人はこんなにマイルドじゃねぇよw

「焼肉 西の屋」

最後に紹介するのは西の屋という焼肉屋。同行した取材班の一人が何回か行った事があるらしいのだが、悪くはなかったという。まぁ、焼肉ぐらいはウマくないとマジで単に終わった街だもんな。

さてここで南側の産業道路に繋がり、今回の「桜本町」・「おおひん地区」をざっと全て巡ってきたことになる。

いかがだっただろうか。最近はこの産業道路沿いには巨大なパチ屋も出現したり朝鮮の大資本も進出してきた。こんな事実上の博打場が出来たので、ただでさえ低能な奴らが博打キチ○イになって生活保護費を落としていくわけ。まぁ貧困にもなるはずだ。ここで巻き上げられた金はどこの半島へ吸い上げられるんでしょうね・・・・

#川崎市 #コリアン #これはやばい #公明党 #歴史 #路地裏 #在日 #貧困 #頭おかしい #焼肉 #貧民街

(2019)