【戦後】うどん県高松市の赤線地帯。片原町駅前の「パラダイス通り」ってなんだ?【ドサクサ】(4)

 

全国裏探訪取材班は、香川県有数のけ簡易料理店街「パラダイス通り」の赤線地帯に来ている。この魔界は面積こそ小さいのだが、それなりに見どころはあると思う。さて早速続きを見て行こうか。

前回まご紹介した、このパラダイス通りは戦後ズタボロバラックが密集していた暗い裏横町のような様相だったが、一本三越側に行くとこのように歯抜け地帯があるな。

その歯抜け地帯からは、ズタボロバラックの裏側が見えている。壁が崩れ落ち差し詰めバラックのシースルー展示と言ったところか。そういや猫も数匹いましたね。バラックの中が猫パラダイスになってたりして。

かつてこの歯抜け地帯も、パラダイス通りの一部だったらしく横町の一部も残っている。震災後みたいだなこりゃ。

残存する、建物はブルーシートやトタンで加飾されもう末期的様相だな。

DMM.com証券

一部にはまだ躯体がしっかりとした鉄筋コンクリート造の建物なんかもあったりするけど、中の建具はもう腐ってんな。

しかも空き地にはなぜか竹の子の皮?もうよー分からんな。パラダイス通り。

空き地からは先ほどの通りが見える。よろずやの看板が悲しそうに佇んでいる。

この空き地にも赤線時代を物語る雰囲気の建物が。これはなんかのスナックですかね。

 

再度北側の大通りまで出ると少し開けてくるのだが、ちょっと入るとこんなボロボロの個人宅も。

うわ~これはやばいな。もうなんと言ったらいいのか、木造ドアの耐久試験とでもいうべきか。下側は既に腐り落ち層がむき出しになっている。断熱材も水分を吸って変色しまくってるな。割れない限りはガラスが一番耐久性がありそう・・

なるほどこれは美容室だったのか。女が沢山居た現場だから、ここに美容室があるのはそう不思議ではないよな。いつの時代も美への追求は変わらんか。

更に北側に歩いていく。こっちも雰囲気やばいな。なんの店かよくわからん店がある。少し覗いてみるか。

 

取材班を引き込むように既に扉が開いていた。と言うか扉を開けたまま放置しているといったところか。ここも漏れなく腐ってるな。中はもっとえげつなそう。

そこには赤線時代を思わせるカウンターと椅子が散らばっていた。天井は既に抜け落ち、壁はぶよぶよ。もう崩壊も時間の問題か。

次回最終話はパラダイス通り界隈の模様もお伝え出来ればと思っている。お付き合い願おう。

この記事は全5ページあります!次のページはこちら!

#高松市 #マニアック #遊郭 #赤線 #レトロ #スナック #焼肉 #ズタボロ #アーケード #バラック #路地裏 #コリアン #鉄道 #廃墟

(2018)