【人口減少率】炭鉱の町大牟田の大繁華街「大正町」とその周辺を見る【約50パーセント】(6)

 

全国裏探訪取材班は、大牟田の繁華街が広すぎて、飲み屋ビルが立ち並ぶ「大正町」周辺をまだ徘徊している・・本当に10万人都市とは思えない規模だ。さっそく今日も続きを見て行こう。

「ミカドビル」

これも飲み屋ビルだな。どちらかというと重厚タイプ。

「共栄ビル」

こちらは飲み屋ビルのしてはちょっとしょぼいが、ギリギリ飲み屋ビルに分類されそう。

「NEW 和風サロン あんみつ姫」はい。ここもまた、1階部分が近代化改装されていますね。

しかし、2階部分までハリボテは届いておらず2階は香ばしい雰囲気が漂います。逆に1階を無理に改装しない方が和風であんみつ姫っぽいのにな。

大正町・中島町の西隣住吉町にある「モーテル ホテル すみよし」。このいかにも怪しいホテル。モーテルとは今となっては一周廻って逆にナウでヤングな感じがしますねw未だに現役なのはアッパレだな。

当然公明党。わかります。

「ホテルレスポアール」

「ホテル愛ランド」大正町の繁華街と住宅地の境界にあるホテル街ですね。

 

ホテル愛ランドのキャラクター。うーん。微妙w

もうここまでなれば写真で雰囲気をお伝えするしかないが、こんな感じ。

中島町から南に続く飲み屋街。ここらへんまで来るとだいぶ寂れてくる。裏探訪取材班好みになってくる。

この逆“P”の字みたいなデザインをなんと表現したらよいのかわからない。壁の行灯も取り外されている。

 

「大幸横町」完全な民家だが無理やり横丁が作られている。一階は例によってきれいだが・・

2階部分は見ての通りw

「第二大幸横町」

この辺りは民家と飲み屋街がミックスされている。

 

「STAND BAR シャレード」角地を生かしどちらの路地からでも見える立体シンメトリーな構成となっているが今はもうテナント募集ですね。

「きずな SNACK」うーん、これは何とも言えないロゴ。手か足がハートマークになっていてそこから水滴?みたいなものが落ちている。よーわからんな。

「モリタビル」これも事実上の飲み屋ビルだな。

電柱には「新地支」とある。大牟田にはかつて“新地”という遊郭があったらしい、今の住所はまんま「新地町」昔の住所は「大牟田市小浜関」といったらしい。町割りは確かに面影があるが遺構は殆どない。ちなみに1929年(昭和4年)発行の「日本遊里史」には貸座敷12娼妓103とあった。なるほどな。

「早川質屋 時代屋」当然遊ぶところあれば質屋もセットなわけだ。

大牟田の繁華街はまだ続きます。

この記事は全7ページあります!次のページはこちら!

#福岡県 #大牟田市 #レトロ #放置プレイ #路地裏 #スナック #アーケード #遊郭
(2018)