【発展できず】三六商店街・銀天市場・マルコシ市場 北九州戸畑区の隣接弱小3商店街。【共倒れ】(2)

 
全国裏探訪取材班は北九州市戸畑区、199号線近くの三六商店街・銀天市場・マルコシ市場を取材している。この三つの商店街は徒歩2分くらいのエリアに密集しており、どれも規模はとても小さい。
前回は三六商店街・銀天市場を見てきたので今回は最後マルコシ市場を見て行こう。
 銀天市場南側から見た「マルコシ市場」。近く隣接していることが分かる。
上層部は「UR都市機構天神町公団住宅」となる。竣工はかなり古く1960年(昭和35年)。
 マルコシ市場は上層に公団住宅となり、一階がマルコシ市場だ。
 「毎日楽しいお買い物 マルコシ マルコシ市場」地面には東西南北が刻まれている。ここが中央だろうか。マルコシ市場から南側にかけて商店街が伸びる。それにしても空きテナントが目立つ。1階の道沿いは2店舗ほどしか営業していない模様。
市場なのにほとんど開きテナントとは、マルコシだけに“丸腰”ですな。
 やってるのかやってないのかわからない酒屋。北九州の専売特許“角打ち”も可能なのか?
 「メガネ・宝石・時計 マルコシ」マルコシ市場の名前を冠する時計屋。上のイラストがアナグリフ方式の3Dメガネに見えて仕方がない。(笑)
 「天神町公団住宅」出入り口。かなりズタボロだ。
 外観もかなり渋い。何と言ったらいいのかわからんw
中に入っていこう・・
 中に入る。営業中のテナントがいくつか。外観からはやっているかが全く分からなかっただけ少し安心。
 
 あちこちに椅子が置かれ、老人の休憩スペースも完備w
 一階の区画の半分は真っ暗で、テナントの撤退した跡になる。悲しきかな戸畑市民に忘れ去られつつある。
気分を盛り上げる天井から吊り下げられる加飾も、どこか悲しげ。
 昭和の趣ある商店街だ。取材班が前を通っても「いらっしゃいませ。」との声は聞こえてこずずっと新聞を読んでいた。商売っ気はない。
 
 電波放出系の手書き看板にも見えなくはないが・・・
「まずい寿司が 喰わるっか‼ うまい寿司を 食べんさい‼」
「味にこだわる方 いらっしゃい‼ 満足させます させて見ます」
「鯖の 美味しい 季節です‼」
「やわくないと アナゴやない‼ うまい穴子を 食べんさい‼」
絶妙に北九州弁が混じった文章‼(笑)満足させますさせて見ます(笑)自意識過剰か?
 テナント撤退部分には紅白幕が。何とメデタイ。と思ったら万国旗に・・・北九州デフォここでも発動ですw
どちらにせよ、この3つの商店街はもう先は長くなさそうです。
#北九州市 #アーケード #路地裏 #コリアン #貧困 #公団住宅
(2016)