【古今東西】世界のモニュメントが勢ぞろい太陽公園(石のエリア)【ごちゃまぜ】(1)

 
全国裏探訪取材班は謎の巨大公園に来ている。ここは社会福祉法人愛光社会福祉事業協会(太陽福祉グループ)というところが運営しているこの太陽公園。前回は城のエリアをお送りしました。
早速城のエリア北側に位置する石のエリアへ向かうことに・・
多国籍の旗とこれは兵馬俑の人形か、、
道路に面しており夜中通ったら少しびっくりしそう。。
早速公園内へ入っていきます。
出迎えたのはこれは、朝鮮系の石像ですかね。要注意ですw
凱旋門が出てきました。本家のより少し小さい気もしますけど・・あと本家のより細かいディティールがない気がしますね~、、
やけにシンプルな気が・・・まぁ一応凱旋門でしょう。
ここから、次の世界遺産wまでは数分歩きます。その道沿いにはいろいろな石像があるのでお楽しみくださいw
あとこの道の東側には福祉施設みたいなのがずっとあります。写真の背景に写っているのがそれですね。
これはどこの国だったか忘れたけど、よー分からん、、ラッコ人形みたいなやつ・・
にしても顔が老けすぎやろ。
これもどこの国か忘れました。
全身入れ墨みたいなのが入って、耳もサルみたいになっていますね~で、子ザルみたいなのを背負ってます。そしてチンコ丸出しwすいませんが教養がないのでよくわかりません。
一応すべて国名と時代は書いてありますが、深い記述はなかったです。
しっかり解説があればいいんですけどね~
これはメキシコらしいです。
いまどきには珍しくプラスティックに石加工をしたフェイク素材ではなく、本物の石です。巨大すぎて1トンはありそうです。こんな像がゴロゴロ・・いくら金かかってるんや・・
 これはジャガー人間。メキシコのものらしいです。
調べるとジャガー人間は「人を食う熊神」とも取れるらしいじゃないですか。考古学では発掘されたほかの石像は人間を食っている像も発見されているみたいです。
ここう見ると結構不気味やな、、
 
 これはオーソドックスに自由の女神です。後ろが福祉施設です。
 はい、次!どーん!これは何でしょうか。。
パンチパーマで目と鼻を隠し唇だけが露出しています。体形はいわゆるデブで、そのせいか手で垂れ下がる乳を隠せていませんwあそこも露出・・うん。下品w
もっとまともな石碑はないものか・・あとこれいくらなん?w金かけてここまで作ったなら、詳細も書いとあかないと、こんな解説しかできませんよw
 これもまた半島系のオブジェクトですね。
総じてこの石のゾーンは朝鮮、中国の特亜系が多い気がする、、凱旋門とかヨーロッパもあるけどカムフラージュかなw
これは中国ですね。パッと見小さいように見えますが、大人でも持ち上げるのはきついぐらい大きく重たいです。う~ん。石像ならわかるのですが、お金をこの大きさにする意味あんのかな、、
 
敷地面積約40,000坪の石のエリア最大の目玉?の兵馬俑博物館で作成したというレプリカを1000体展示しています。
早速中へ入ります。
 す、すごいwこれは圧倒されます。
 本場の兵馬俑に行ったことはないですが。これはかなり再現度が高いのではないでしょうか。
 現地の兵馬俑も3坑に分かれているようでここも忠実に再現。しかも当然ながら一体一体表情が違います。死んだ後の皇帝を死後の世界でも守る為の軍隊なので、役割がそれぞれあるんでしょうね。しかしここは太陽公園の中でもこだわりのスポットですね。
 
 一体たりとも同じのがないようです。結構なディティールですね。
 発掘当初を再現するためのわざと壊したように見せている部分も、忠実度を上げています。
 首や足が飛んでいて、猟奇的に見えなくもないですが、ここ発掘調査の再現しているらしいです。

石のエリアはこの先、万里の長城、天安門へと続きます。

この記事は全2ページあります!次のページはこちら!

(2017)
#姫路市 #マニアック #やりすぎ #特殊建築 #無駄遣い