【ネット初公開】和歌山港の「築地川河口オンボロバラック」【の魔窟】(2)

全国裏探訪取材班は、開設から現在までほぼ無料で、1280件の記事を毎日更新してまいりました。

しかし、昨今のコロナ禍と言われる状態で、広告収入が最盛期の20%まで急減しており、運営の継続を支障をきたす状態となっております。

基本的にこのサイトは読者からの取材依頼で成り立っており、面白いこと、不思議なこと、理不尽なこと、主張したいこと、内部告発などの読者よりの依頼を取り上げてまいりました。

中にはリスクの高い取材もございました。

ただこのままの収益では残念ながら、取材依頼に答えることが出来なくなってしまいます。

もしよろしければ、NOTEと言うサイトで月額税込み880円のマガジンにご登録いただき、ご支援を継続していただきたいです。毎月定食1食分をカンパしていただけませんか?

もちろん、マガジンの登録支援者様に関しましては、優先的にタレコミを取材したいと思います。

↓マガジン登録はこちら↓
https://note.com/uratanbou/m/me293e2d8f92d

何より熱心な読者様の支援が力強い原動力となります!!どうぞよろしくお願いいたします。

 

全国裏探訪取材班は、和歌山県和歌山市「和歌山港」周辺に来ている。ここには「築地川河口オンボロバラック」がある場所なんですけど今回も続きを見ていきたいと思う。

念のため住所を記載すると、ここは和歌山県和歌山市湊1000番台の住所だ。前述の通り団地があったりちょっと厳しそうな住宅街でただでさえプアな住宅街なんですけど、ここはバラック内部はさらに安普請のバラック物件が並ぶ。

中のバラックは住人が棲んでいる所と、もうお亡くなりになっている所半々ぐらいだろうか。お亡くなりになっているところは、物件もお亡くなりになっているようだ。

ここの物件なんかもそう。インフラの配電メータなんかもこんな感じで剥がれ落ちてしまっている。取材班はこの物件の中を見ていこうと思う。

中はこんな感じで、自転車があり奥には生活用品が散らばっている。生活の途中で家主が蒸発したような生々しい雰囲気。

さて、取材班は上空からも見ていきましょうかね。オンボロなのがお分かりいただけるだろうか。

こちらの別角度からも見ていこう。古めの飯場のような物件もあれば、一戸建ての個人宅風の物件もある。何れも屋根の材質はトタンでさびまくっていたり、安普請のセメント瓦の物件ばかりのようだ。

そして地上から見てもどこを見ても茶色なんですよね。まるで健康に悪そうな安い弁当のようだ。まぁ住人の健康状態もそれに比例して悪いんでしょけど。

健康に悪いと言ってもこの二ホン国じゃ、生活保護者は医療費無料だし、毎月安定の現金支給でもちろんそれは非課税の道楽三昧だったりもしますよね。意外とこっちの方々の方が上級国民だったりするんでしょうか。しらんけど。

 

それにしてもこの集落内、キタネーな。見ての通り粗大ごみなんか置かれているのは見ての通りなんですけど、なんか臭うんですよね。何と言うか下水とフンが混ざったようなえもいわれぬ悪臭があったりもする。

一体この悪臭どこから臭ってくるんでしょうか・・汚い川のドブ川の河口だから臭うのだろうか。

「湊南ポンプ場」

で、その場所からふと周りを見るとポンプ場があった。なるほど。ここに汚水が流れて堰き止められてるので腐敗臭が溜まるのだろうか。よくわからんな。でも、臭いのは事実。

 

それにしてもよくこんな悪臭のところで生活するなぁ。とある意味感心している取材班なんですけど、この悪臭に晒されて生活するともしかすると鼻がバカになって慣れるんでしょうかね。

さて次回最終話も「築地川河口オンボロバラック」を見ていきましょうかね。

#B級スポット #頭おかしい #DQN #コリアン #ズタボロ #チャイニーズ #バラック #マニアック #レトロ #上級国民 #不法占拠 #人権 #廃墟 #廃線 #戦後ドサクサ #放置プレイ #歴史 #特殊建築 #空撮 #被差別部落 #路地裏 #貧民街 #貧困 #鉄道

(2021)