【夢の】廃炉の高速増殖炉「もんじゅ」を調査しら“赤字増殖炉”だった件【原子炉】(3)

 

全国裏探訪取材班は、簡単な原子力発電のイロハを勉強しながら、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」を見て行きたいと思っている。前回までは核燃料サイクルを見てきたんですけど、覚えているだろうか。

「軽水炉サイクル」

現在政府はこんな感じの核燃料サイクルを目指して、「再処理工場」や「MOX燃料工場」を進めている所だ。ただ、これは前回お伝えしたように、あくまでこのサイクルは燃えない燃料を少しでも多く燃やそうというサイクルであって、徐々に燃やせない使用済核燃料(核のゴミ)だけがどんどん蓄積していってしまう。

「もんじゅ」

この、核のゴミを少しでも減らすため、従来「高レベル放射性廃棄物最終処分施設」へ溜まっていく核のゴミも再度燃やして再利用して、さらにあわよくばそのゴミ同然の核燃料を増殖させて、また、もう一度燃料として使えれば最高じゃね?っていう思想で建設されたのがこのもんじゅってわけ。

「理想の核燃料サイクル」

さて、この図をご覧いただけるだろうか。前回の核燃料サイクルが「軽水炉サイクル」ならば、今回は「高速増殖炉サイクル」が追加されたのがお分かりだろうか。

実はこの「軽水炉サイクル」の「再処理工場」で「MOX燃料工場」に送られるウラン・プルトニウムと「高速増殖炉サイクル」に送られるウラン・プルトニウムに分離される。

「高速増殖炉サイクル」に送られるウラン・プルトニウムはその後「高速増殖炉用燃料工場」に送られウラン・プルトニウム混合燃料としてこの「高速増殖炉もんじゅ」へと送られる。

高速増殖炉もんじゅでは当然このウラン・プルトニウム混合燃料を使い発電。当然もんじゅも発電後使用済み核燃料が発生するのだが、実はこの“使用済み核燃料”は簡単に言うと、高速増殖炉と言う名前もあり、燃料が増殖する。

発電により消費した核燃料より、増殖炉により生成する核燃料の方が多くなるというのはにわかに信じられないかもしれないが、それがこのもんじゅの「夢の原子炉」と言われる所以でもある。

 

「高速増殖炉サイクル」を財布に例えると、財布の中の金を使って思う存分遊んでも、遊んで消費した分以上の金が財布にまた帰ってくる。そんな例えならばわかりやすいだろうか。

「日本原子力発電(株) 敦賀原子力発電所」

従来のようにどんどん使用済み核燃料が蓄積されていく「軽水炉サイクル」ではなく、その使用済み核燃料をもっと再活用し発電、更に発電時にさらにたくさんの燃料を生み出す「高速増殖炉サイクル」の中核を担うのが高速増殖炉もんじゅなわけだ。

そこまではご理解いただけただろうか。本当にこんなエネルギーサイクルが実現すればいいですよね(棒)何ですけどwまぁそうは言ってもそんなに都合よくいかないのがこの世の中。

「モニタリングステーション」「83.5nGy/h」

さて、次回はそんな「高速増殖炉もんじゅ」の敷地内部を見にこのバスに乗っていざ出発しましょうかね!

#B級スポット #頭おかしい #頭悪い #お金 #これはひどい #これはやばい #やりすぎ #ズタボロ #事件 #放置プレイ #政治 #空撮

(2020)