【隠された】歴史を持つ「二日市保養所」を訪ねる【堕胎施設】(2)

 

全国裏探訪取材班は、福岡では知らない人がいない「二日市温泉」に来てますよ。なんと残虐な歴史なのか。次回はこの「仁」に書かれた碑文を見て行きましょうかね。チョンや露助の醜態の歴史にメス入れますよ。

「仁」の裏側の石碑には強姦にあった事実を記載している。ちなみにここ患者は400〜500と言われているが、極秘施設のためカルテすら残していない。こんなことを石碑残ること自体異常さを感じる。さすが帝国主義を広めた白人だ。クズ過ぎる実態がここにある。

「ソ連兵に犯されて妊娠」

患者は400~500と言うのだが、これはあくまでも日本に帰国し、この二日市保養所に入った人物であり、実際の所これよりももっと多いのは事実だろう。証拠隠滅のため殺された婦女も少なくはなかったという。

産まれてきた子供達は殺害した後、松の木の下に埋めたと証言がある。ここがそうだろうか。参考までに堕胎した子供は出産間近の子は髪や目の色すぐに判明し、産声が聞こえないよう即頭にメスを突っ込み殺害、形がわからない胎児は陣痛を促進させ殺害した。露助は腹減ったなら女食わんで、ボルシチ食ってろよ。

ここで堕胎手術を実行したのは現在のソウルにあった京城帝国大学の医学生である。この施設を後押ししたのは旧厚生省引揚掩護院である。そう、国が極秘にバッグについたのだ。

現場に佇む石碑は、平成11年に建立した石碑だった。それだけ表に出すこと自体はばかられる事象らしい。なぜなら、子供を意図的に国を上げて殺した事実があるのだから。現にここの資料はほとんど残っていない。カルテすら存在しない。慰安婦問題で日本揺さぶるチョン達はなぜこの手の話は明るみに出ないんですかね。

地蔵の横にあった写真だ。水子の供養と書かれている。産まれてくる子供に罪はないのになぜ加害者であるキムチ野郎やピロシキ野郎が罪を被らないのか。鬼畜米英ならぬ鬼畜露韓と今言ってやりたい。水子が来世幸せに産まれてくることを願う。

周辺を散策してみる。路地は当時の道幅らしい。なるほど、奥まった施設だったのか。二日市温泉の大通りからは見えない。こんな経験人には言えないわな。

反対側を通ってみると、施設跡だけ、少し段差が高くなっていた。なるほど、外壁を少し作れば見えないようにできるのか。

 

辺りを散策してみる。敷地の外周部を見ると東西南北に水が流れていたようだ。こうすることで、建物への接近を出来るだけ免れ、出来るだけアクセスを避けることが出来る。

この子達はこの事実を知っているのだろうか…時代が違っていたらこの子達もきっと…堕胎されていたんだろうな。こんなかわいらしい子たちを“処理”しなくてはならない惨事を二度と起こさないよう平和を願おう。

「済生会 むさし苑 デイサービスセンター 天拝」

現在の二日市保養所の跡地は、デイサービスセンターになっているのだが、その名も「天拝」。文字通り天を拝むらしいが、些かこのネーミングは特異じゃなかろうか。やはり後ろめたい黒歴史の事実があるからですかね。天に向かって合掌。

#筑紫野市 #軍事 #これはひどい #露助 #コリアン #歴史 #路地裏 #心霊 #温泉 #貧困 #これはやばい

(2020)