【パッチギ】「トンク」って何?京都駅至近の“0番地”を歩く。【コリアンタウン】(2)

 

全国裏探訪取材班は、京都駅の南東にある東九条界隈に来ている。この東九条はかつてというか今でも「0番地」と言われているのはご存知だろうか、この0番地界隈というのは朝鮮人のバラック長屋などがいまだに残っている古都京都のスーパーアンダーグラウンドな場所だったりする。

近くには鴨川があり、JR奈良線が通っている。その0番地というのは戦後の朝鮮スラムそのものでインフラの整備もままならぬまま糞尿を鴨川に垂れ流していたんですよね。

鴨川って京都を代表するランドマークの一つなんでしょうけど、上鴨のお上品さをはじめ、四条付近の納涼床とか上流は雅なのだが、下流に来ると、五條楽園跡、崇仁地区のある七条まで来るとかつては皮革を洗浄するために鴨川の水を使われたりとかだんだん汚れてくるんですよね。

そしてさらに下流の、ここ東九条界隈の0番地からは朝鮮人の糞尿ときた。これはもうやばいな。冗談じゃない。いくら鴨川とか名前は上品でも汚すぎる。

0番地が近づいてくると界隈にはドブ川があったりして、これがまたエグい臭いがするんだわ。半島への国際電話料金は高いでしょうが公衆電話もありますよ。

 

そのドブ川だが、なんか腐ったキムチを足で踏んでそのまま靴を履いて一日労働して蒸されたような感じの臭気とでも表現しようか。マジ嗅いでいると・・オェッ・・

「生ホルモン マルハシ」

ドブ川の目の前には店がありますよ。今度はドブ川と違う臭いがすると思ったらホルモン屋でしたか。これも生臭い臭いなんだわ。

「美園興産」

そしてそのホルモン屋の隣には美園興産とかいう怪しげな名前の事業所が。どうやら現場スタッフ系らしいですよ。住み込みで3食付きと書いていましたよ。ドカタとかまぁ肉体搾取系の3K労働ですか・・

「みやま」

でさらにその隣にはみやまという朝鮮人向けの食料品などの店か。みやまってもう笑けてくるぐらい名前がモロだな。

 

売っている食器もこの通り。朝鮮式石焼き鍋に朝鮮式焼肉用鉄板。これはもうオモニの味の再現には必要不可欠なコリアンズアイテムだよな。

「高瀬マーケット」

さてあたりには、他の用品店もあるんですが、既にご臨終なご様子。にしてもズッタボロだな。

「韓国料理 焼肉 ハルバン」

付近を流れる京都を代表する小川、高瀬川からとったと思しき高瀬マーケットとかいうネーミングの物件があるのだが、日本風の名前だが油断するべからず。物件にはハルバンとかいう名前の朝鮮焼肉料理屋もありますよ。

高瀬マーケットサイドから見る。明らかに普通のスーパーマーケットじゃないような作りだな。2階にはガテン系の労働者の飯場のような雰囲気だ。洗濯物干そうものなら洗濯物が瞬時に焼肉臭になりそう。彼らは喜ぶだろうが・・

 

さて朝鮮人の商店なんかを見てきたところなんで、次回はいよいよ東九条0番地のバラックへと足を運んでいきましょうか。

#京都市 #被差別部落 #コリアン #これはやばい #放置プレイ #公明党 #歴史 #路地裏 #在日 #貧困 #頭おかしい #焼肉 #ヤクザ #バラック #貧民街

(2019)