【日本と】新型コロナウイルスで封鎖されている「武漢(Wuhan)」ってどこ?行ってみた!【深い関係】(5)

 

全国裏探訪取材班は、新型コロナウイルス感染者数が爆発的に増加している中国「武漢」の人々の暮らしはどのような物なのかを、取材班の視点から見ている。すべての常識が日本人のそれとは違う。

いい悪いは別にして、そもそも我々日本人の常識なんてたった1億人の常識に過ぎない。中国なんて公称14億人の人口を擁し14億人の常識があるわけだ。さらに世界には60億人・・いかに日本が狭い世界かわかる。おっと話がずれてしまった。それでは今回も武漢市内の様子を見て行こう。

取材班はタクシーに乗り武漢市内中心部、武広商圏と言うエリアへと向かう。ここには官公庁や、百貨店やショッピングセンター、ホテルなどが並ぶ。

「社会主義核心価値観 富強 民主 文明 和諧 自由 平等 公正 法治 愛国 敬業 誠信 友善」

所で上のバス乗り場にも書かれていたが、最近中国では社会主義核心価値観と言う価値観・思想が多く公布されている。これは2012年の中国共産党第十八回全国代表大会で共産党が提唱したものだ。日本語での意味も大体同じだ。それにしても全部入りだなwにしても中共が“民主”とかどの口が言ってんだよ。民主なんて何処にも無いだろうがw

街のあちこちに、礼儀正しくさせるような標語があちこちに並んでいる。経済的な発展は著しいが、こんなことを書かなければならないくらい文明レベルと言う意味ではまだまだなんですよね。

痰を吐くな!とか、電車の地べたで寝るな!とか・・やはり中国の人民のマナーは先進国には追い付いていないようだ。まぁ日本人もマナーない奴沢山いますけどね。

そんな、有難~い標語を見ながら取材班は武広商圏に到着しましたよ。

「工貿家電 航空路购物广场购物」

「武漢国際広場」

この辺にはショッピングセンターが沢山ある。そのうちでも一番核となる百貨店。武漢国際広場に取材班は入ってゆく。住所で言えば武漢市江漢区解放大通686か。

中には中国の良く分からないブランドがあったりするのだが、どれもそれなりに高級ブランドっぽい見せ方をしている。

「Dior」「CHANEL」

他の所には、DiorやCHANELが入っていたり、それなりにアッパークラスの人民は豊かな日本人と同じレベルの生活ができているようだ。

「LANCOME」

しかも、商品の価格を見てみるが日本のそれとほぼ変わらないか、もしかすると日本より物価が高いかもしれん。それでおいて購買力がありそうな活気に満ちている。マダムも多いな。

「新宇三宝钟表」

そして、次に来たのは武漢市江漢区新華路218あたりの高級時計店。取材班の一人がロレックスに興味があるらしく、検索エンジンで調べるとこちらがヒットした。品ぞろえはそれなりに多く、ちらほら客が居た。やはり高級品が売れているようだ。

別の現地民曰く、中国人の主に富裕層と言うのは基本的に自国通貨「元」を信用していないようで、通貨と交換可能な価値がありそうに思ったものは、すぐに金地金や、ブランド時計などに交換(購入)してしまうという。それと言うのは、歴史の中で何度も他国に占領され、その度に通貨が紙くずになった歴史からだという。なるほどな。貯金が美徳とされる日本とは真逆だ。

さて、武漢の一日も太陽がどんどん沈んできたので、次はめしにしましょうかね。

#頭おかしい  #これはやばい  #これはひどい #ズタボロ  #路地裏 #レトロ #軍事 #貧困 #歴史

(2019)