【一般宿泊でも】別府駅前から徒歩1分、旧「行合町遊郭」現「北部旅館街」を通り抜け。【利用可能】(3)

 

全国裏探訪取材班は、激安旅館が密集する?別府市「北部旅館街」に来ているここはかつて「行合町遊郭」と呼ばれていた旧色街なのだが、別府は大東亜戦争中も爆弾が一発も落ちていない安全地帯だったので区割りが今でも古いままだ。

戦後は大分に近く温泉も多い別府は、進駐軍の格好の滞在場所となり大いに栄えたようだ。当然、栄えるとソッチ系の色んな産業が栄える。というよくある図式だ。

今でも玄関がハイカラな物件。軒上に室外機が乗っていたり、アルミサッシだったり、いろいろ現代風にアレンジされてはいるが、細かいところを見ると豆タイルが張ってあったり、玄関先の床にも市松模様でタイルがあったり・・取材班の目はごまかせない。

丸いアールの部分にしっかりと豆タイル意匠が。ちゃんと今でも残ってるんですよね。こういうの。

ここも2階部分には部屋が2区画あるように見える。同じ造りの旅館が多い気がしますね。まぁ、一応建前は旅館なんで、アベックの休憩利用はもちろんOK。専ら、自由恋愛なので、さっき出会ったばっかりとか、そんなものは関係ないわけだ。もちろんすぐ別れるアベックも居るだろうし。

 

連れ込み旅館と、現代のワンルームマンションの対比。昭和と令和。このコンビネーションがまたイイんすよね。

一般家庭の出窓には、ステンドグラス風の模様が。遊郭とかのステンドグラスとは関係ないけど、やはり地区柄こういった模様には過敏に反応してしまう。

赤系の憎い色に彩られた物件。何の変哲もない物件でもこのエリアにあるだけで妙に淫靡な雰囲気に感じるのは、この地を訪れリアルで体感しているからだろう。

「梅乃家」

この遊郭ストリートにもしっかりとメシ屋があるな。まずここで腹ごしらえしていくわけですかね。

 

「あけぼのラーメン」

庶民メシいえばやはりラーメン屋か。遊郭の周りには飲食店も多いんですよね。

こんな煤けまくった物件もあったり。やばいな〜震度4くらいで倒壊しそうだ。

「駅前本町街区案内図」

今は無い商店や旅館の名前が書かれている。ストリートビューなどがない時代の貴重な一次資料かもね。

まぁ、この通りはひたすらレトロっぷり前回の物件が多いんで、まだまだ紹介したりませんね。次回も続きます。

#別府市 #レトロ #赤線 #路地裏 #ズタボロ #歴史 #遊郭 #温泉 #激安

(2019)