【駅裏の】高松塩上町。怪しすぎあの裏旅館街の今を調査する。【DEEPゾーン】(2)

〖全国裏探訪おすすめ記事〗

【徹底取材】「PCMAX」でホ別1で“割り切り”で出会えるのかすっぱ抜く!【徹底検証】≪更新≫

全国裏探訪取材班は、うどん県こと香川県高松市に来ている。四国とかそんな大したものなんてないんじゃね?とかなんとか言われそうなのだが、実は四国って、実はかなり怪しいアングラスポットがたくさんあるんですよね。その1つは紛れもなくこの琴電瓦町駅裏の塩上町ではないだろうか。

ことでん瓦町駅から徒歩1分くらいか。ことでん長尾線と琴平線に挟まれるように魚屋があったり。あと、そういや、高松って“いただきさん”とか言う魚の行商人とかが今でも居たりとか、貧しかった戦後の風情が今でも見られるよな。また、レポートしてもいいかもしらんな。

「庶民市場」

今でもこのような看板が掲げられてんな。わざわざ庶民というフレーズがインしているあたりも、激安うどん文化の香川県らしい。

これは旅館の名残なのかなんなのかはわからないが、こんな建物があったり。少し臭ってくるぞ、、

そんな路地を探訪していると、なにやら特殊なお風呂屋さんが一件だけポツリとありますね。

 

「ドMなバニーちゃん」

高松の特殊な風呂屋自体は、元八重垣遊郭として現在も四国最大の歓楽街として、城東町が有名なのだが、ここはその例に漏れピンで営業を続けているようだ。前は違う屋号だったな。確か。

「神の愛と希望をあなたに 高松クリスチャンセンター」

こんなところにクリスチャンの教会?が。本物のキリストなのかは知らんが、隣が質屋だったりすこぶる怪しい雰囲気。宗教は興味ないな。

公明党のポスターが貼られていたり、、

「ホテル パルコ」

パルコという名前からは想像出来ない、煤ボケたビジネスホテルもあるな。

 

「塩上第一 踏切」

長尾線の踏切に差し掛かると、留置線と本線が2線あり長尾行きの電車が走り去っていった。

留置線のすぐ隣には真っ茶色の家屋が未だに残っていたり。しかもゴミもテキトーだし。大丈夫か。

「橋本接骨院」

で、呑気に留置線をみていたら取材班の後ろに激安100円〜の自販機があるな。今どきドヤ街でもないのに、ワンコインって言う価格設定もビンボーくせーー。しかも隣にはコンのゴムが売られていたり。ここらあたりから、だんだん怪しい雰囲気が増幅してくるな。

次回はいよいよ旅館を見つけたので現在どのような“商い”をしているのか、見ていこうと思っている。

この記事は全4ページあります!次のページはこちら!

#高松市 #裏風俗 #これはやばい #路地裏 #コリアン #在日 #ヤクザ #激安 #風俗

(2018)

〖全国裏探訪おすすめ記事〗

【徹底取材】「PCMAX」でホ別1で“割り切り”で出会えるのかすっぱ抜く!【徹底検証】≪更新≫