【リアル】一般人は寄せ付けない!西成の中心「あいりん労働福祉センター」へ潜入する!【世紀末】(1)

 
全国裏探訪取材班は日本最大のスラム街、大阪市西成区“釜ヶ崎・あいりん地区”に来ている。ここ、あいりん地区に住む日雇い労働者は4万人と言われ、かつては日本で唯一暴動がおこる街として知っている方も多いと思う。
知ってはいても、もちろん普通の人は行ったことがないだろう。関西人はもとより関西に遊びに来た人でも関西人から西成自体“近づくとこじゃない”“女の人が一人で歩くところじゃない”“身包みをはがされる!”などと注意を受ける場所だ。日本全国探してもそんな場所はそう多くはない。今回はそんな極めてDEEPで危険な西成の“釜ヶ崎・あいりん地区”の象徴である「あいりん労働福祉センター」へ潜入したいと思う。
新今宮駅を降りるとそこには今回のお目当て物件「あいりん労働福祉センター」があるが、新今宮を降りた瞬間からそこはもう何か漂う空気が違う・・場末感しかない。
 それもそのはず。こういうマイカーに乗った方々もたくさんいるのだ。
ここらの労働者や浮浪者は高い確率で帽子をかぶっている。それはなぜか。ここにいる人は基本的に自分の出自を知られたくない人が多く、カメラなんか向けた日には“何撮っとんじゃ!”“こっちコイや!”“そこ座れや!”などと目を合わせたサルのごとく牙をむく。
初めに言っておくが、絶対に普通の人はカメラを向けない方がいい。
しかし、経験豊富な裏探訪取材班は全世界の読者のため最低限の人権は配慮の上、我々は自由な取材を続けていく。
 休日ということもあってか、人はまばらで売店はやっていない。
この、あいりん労働福祉センターの竣工は1970年(昭和45年)の大阪万博の時まで遡る。
 
 日雇いの求人票が並ぶ。
あいりん労働福祉センターには様々な行政等の出先機関が入り、西成労働福祉センター、あいりん労働公共職業安定所、大阪社会医療センター付属病院などが入居。あいりん地区では単に“センター”と呼ばれている。
 条件はどこも10,000円前後。まじめに働けば、それを元手に普通の生活にありつけると思うが・・そうもいかないようだ。
 「公益財団法人 西成労働福祉センター」詰所。ここでは早朝6時から7時まで業務がなされている。
 「9.25関西新空港反対 現地闘争へ行くぞ!!安倍戦争内閣打倒 沖縄民衆と連帯しよう 9.27より対市交渉 9.25日 10:00センター 釜・労・・連」(・は解読不能)
これを見ると安倍戦争内閣の何について反対するのかわからない。普通に読めば、空港建設反対に読めるが、関空はもう完成し供用中のため意味が分からないが、調べてみると、関空にて自衛隊機などを使わせないための闘争らしい。闘争へ行くための人間を徴用したいならもっと意味が分かる表現にしないとね。ただでさえ知能が高い人間が多くはなさそうなのに・・しかも、沖縄民衆と連携って・・その時点でどんな団体かお察しください。(笑)
 
 エントランスも兼ねた1階の様子。いかにも前時代的なタイルアートもある。照明はほとんど点いていないが天井は高いため外光が入る。弁当を必死で貪る人、同じ言葉を発しながら同じところをぐるぐる回る人が居た。
 裏探訪取材班はさらに2・3階へ向かう。
次回も「あいりん労働福祉センター」をお送りする。
#大阪市 #西成区 #貧困 #これはやばい #人権 #ドヤ街 #頭おかしい #これはひどい #公明党 #団地 #これはやばい
(2017)