【ソ-プ・コンパニオン】歓楽温泉「片山津温泉」はコロナでオンボロになっていた。【は絶賛営業中!】(5)

 

全国裏探訪取材班は、石川県加賀市「片山津温泉」にやってきた。ここは中世から近代以降ピンク温泉地だった場所だけあって現在でも北陸屈指のソ‐プ街として現在も営業を続けている。今回は片山津温泉の街並みを見ながら、そんな大人のお風呂屋さんの物件も見物していきましょうかね。

「ミューズ Muse」

ミューズとか言う名のソ‐プを見ていくと、通りからはきれいなピンク色で加飾されているが、裏側はオンボロで張りぼてだったことが見て取れる。

「コインランドリー 山田」

そしてソ‐プの通りには昭和感満載のコインランドリーが。特殊浴場内で使われた汚れたタオルなんかを洗っているんでしょうか。

「ビリヤード&喫茶 プラスワン」

コインランドリーの隣にはビリヤード場もありますよ。この斜めについたドア、こちらのほうがコインランドリーより昭和感が濃いな。透明の黒いドアとか、オレンジ色の透明のドアとかよく昭和のサテンとか雀荘にありましたよね。

で、さらに見てほしいのがこちら。このひし形というか特徴的模様は何なんでしょうかね。しかもその中央には、これも斜めに取りついた透明の黒のドアですわ。これはなかなか記憶に残るぞ。

さて、取材班は先ほどの路地をU字型に抜けてきた。ここから、片山津温泉の総湯方面に歩いていくと途中にこんな感じの妓楼風の物件もあったり。かなり前からここは遊郭/花街的要素があったんでしょうか。

「喫茶 ころころ」

 

「ピュアストーリー」

片山津温泉の繁華街を歩いていくとソ-プを発見。ここはI氏曰く片山津温泉のなかで一番年齢層が高い風呂屋なのだという。まぁこう言う所では年齢とサービスは比例するとI氏は言っているのだがどう考えるかは読者次第といったところか。

そうしていると、この中年の男が出てきた。雰囲気で言えば小学校の校長先生のような真面目そうな男性が若い女を買う。それのどこがピュアストーリなのかwあ、そういえば真面目そうに見えて12,000人の児童を○春したレジェンド校長も居ましたっけ?

「シャトールージュ」

そのピュアストーリの隣にはもう一軒のお風呂屋がありますね。相変わらず他府県ナンバーの車両が駐車場に並んでいる。

 

肝心の店の内容はというと、ここはI氏も行ったことがあるらしく若い子が多いという。I氏の相手は地元のJDだったらしく、何でも奨学金を返すのに働いているのだとか。借金のために体を売る。時代が変わってもやっていることはそう変わらないようだな。

「高級家族風呂 みゆき温泉 駐車場完備」

現在も大人のお風呂屋さんがあることから、かつてからのピンク温泉郷を垣間見ることができるだろう。「片山津温泉」はなかなかDEEPな温泉地だな。次回も片山津温泉のソ-プを見ていきましょうかね。

#これはきびしい #グルメ #スナック #ズタボロ #バブル #マニアック #レトロ #廃墟 #放置プレイ #歴史 #温泉 #温泉街 #路地裏 #廃線 #鉄道 #観光地 #赤線 #遊郭 #風俗 #飲食街

(2021)